華原朋美5年半ぶり熱唱に喝采 進化した歌声の裏には「壮絶な活動休止期間」

印刷

   芸能活動を休止していた歌手の華原朋美さん(38)が2012年12月5日、音楽番組「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)に登場した。実に5年半ぶりの復帰となり、長いブランクを心配する人も多かったが、終わってみれば全く衰えていない歌声に視聴者から賞賛の声が上がった。

   翌日には情報番組で特集が組まれ、復帰の舞台裏が放送された。そこで明かされた活動休止中の華原さんの生活は、「衝撃的」「壮絶」と言えるものだった。

Yahoo!ニュースのコメント欄にも賞賛の声多数

   華原さんはバイオリニスト・宮本笑里さんの演奏で、1996年発売の代表曲「I'm proud」を歌った。ブランクを感じさせない声量に伸びやかな高音で、「ブリッコキャラ」と評されることもあったかつての華原さんとは一味違う大人の女性らしい歌声を堂々と披露した。歌い終わると、客席に向かって涙ながらに「ありがとうございます」と頭を下げた。

   長い休止期間の後、しかも生歌ということで、ツイッターでは華原さんの登場前に「大丈夫かなー」「晒し者みたいになったら嫌だなぁ」など、心配の声が多く上がっていた。しかし歌い終わると、「凄い。歌唱力が全く衰えてない」「ブランクを感じさせない歌声に感動」「歌姫が帰ってきたのだね」など、歌声に圧倒されたというツイートが多く投稿された。

   華原さんの熱唱ぶりを複数のネットメディアがすぐにニュースにし、Yahoo!ニュースなどに掲載された。Yahoo!ニュースのコメント欄は手厳しいコメントが多いことで知られているが、華原さんの記事に対しては「昔の痛々しい声やなくいい声が出てた ホンマによかった」「劣化どころか前より上手くなってる」「歌い終わってからの涙にはこっちもジーンときた…」など、温かいコメントが溢れている。

   華原さんの兄で経営者の下河原忠道さんは、放送前にツイッターで「いよいよだな!たくさんの人がおまえを応援してくれた。信じてくれた。この5年半の思いを、そして感謝の気持ちを詩にぶつけてこい!もう独りじゃないぞ!」、放送後には「みなさん。本当にありがとう。今夜は最高です」と投稿している。下河原さんあてにも、「もう感無量です!!本当に本当に生きててよかった!」「凄く大人になっていて、歌が上手くなったというより人間として凄く大きくなったのが歌に反映されてた感じがしました!」「お兄様、そして朋ちゃんfamilyの皆さん、この日まで支えて下さってありがとうございます」などファンからの熱いコメントが寄せられた。

「ドアノブなくて外に出られない」閉鎖病棟での生活激白

   翌日6日には、フジテレビ系の情報番組「ノンストップ!」と「知りたがり!」で華原さんの復帰舞台裏が放送された。

   華原さんは1995年、小室哲哉さんのプロデュースでデビュー。日本有線大賞や日本レコード大賞など音楽賞を次々と受賞し、一気にトップまで上り詰めた。

   しかし24歳の時、4年間交際した小室さんと破局、精神が不安定になり病院に通い始める。99年1月に自宅でのガス中毒で病院に搬送され5か月後に復帰したが、その後もドタキャンや、復帰しては休みを繰り返し、ついに2007年6月、所属事務所のプロダクション尾木から解雇されてしまった。

   09年に精神安定剤の大量服用で緊急搬送、10年にはタクシー乗車中に意識もうろうとなり搬送されるなどの問題から、見かねた家族が10年夏に閉鎖病棟に強制入院させた。番組では華原さんが、「いろんな幻覚が見えてしまって大変」「テレビは見られないし、誰とも会話できない。ドアの内側にノブがないから外にも出られない」「ノートとペンを渡され、なぜ薬物に依存してしまったのかなど宿題を出される。そんなのわからないと反抗すると腕を拘束されてしまう。もう戻りたくない」と当時の生活を赤裸々に語った。

   10年中に退院した華原さんは父の住むフィリピンでボランティア活動などを行った。次第に従来の自分を取り戻す中で「もう一度歌手として復帰したい」という気持ちが芽生え、帰国した。日本では兄が経営する高齢者住宅で月数回手伝いをしながら、たばこもやめてボイストレーニングを積んだ。

   そして12年夏、プロダクション尾木の尾木徹社長に「復帰したい、やり直したい」という直筆の手紙と、カラオケボックスで録音した自身の歌声のCDを送った。尾木社長は「心から反省している」「歌での復帰を熱望している」「家族への思いがある」という理由で華原さんを受け入れた。今後の活動についてはまだ何も決まっていないが、歌中心での活動を考えているという。

   「ノンストップ!」では、MCの設楽統さんが「壮絶ですね…」と驚きを隠せない様子だった。お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さんは「朋ちゃん世代」だと言い、復帰を本当に喜んでいた。また「知りたがり!」では出演者が口々に「当時より上手い!」と絶賛していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中