NYタイムズが編集分野管理職らを人員整理 目標数達しなければ、指名解雇

印刷

   米国の代表的な新聞である「ニューヨーク・タイムズ」は、編集局で30名の人員削減を実施すると発表した。編集長のジル・エイブラムソンが2012年12月3日に配信した社内メモによると、編集分野の管理者を中心に希望退職者を募り、それでも目標数に達しなければ、指名解雇の手段にも訴える決意だという。

   同紙は経営危機に襲われた2008年に100名の記者やデスクを解雇し、さらに2011年にも20名の人減らしを実行しているので今回で3度目の編集関係の人員整理になる。

つい最近も広告局で30名の希望退職者の募集

   電子版などのオンライン配信に力を注ぐNYタイムズは、印刷版のベテランなどを戦力から外す一方で、デジタル要員を増強したので結果的に編集局員がおよそ1150人にも膨れ上がり、2003年と同じ規模だという。

   エイブラムソンによれば、広告の激減に苦しむ営業サイドではこの数年で人員が6割以上も減ったという。つい最近も広告局で30名の希望退職者の募集を発表したばかりであった。

   2012年10月末に発表された今年度7~9月期の広告収入は印刷版のみならず電子版でも前年同期に比べてマイナス成長であった。印刷版では10.9パーセント、そして電子版は2.2パーセントの低下を記録した。

「課金制は大成功だが、広告を取り巻く環境は極めて不安定」

   内外の支局などでの経費をカットする措置だけでは広告の不振を埋めることはできず、新聞作りの核ともいえるベテラン記者・編集者(当然給料も高い)に戦力外通告を出すところまでNYタイムズは追いつめられているようだ。

   アーサー・サルツバーガー会長は、「課金制は大成功だが、広告を取り巻く環境は極めて不安定で、これが近い将来に是正されることはないだろう」と声明のなかで語った。

   新聞社の世代交代は否応無しに進んでいるようだ。

(在米ジャーナリスト 石川幸憲)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中