猪瀬氏が「大きくリード」 都知事選、日経情勢調査

印刷

   東京都知事選(2012年12月16日に投開票)の情勢調査の分析結果について、読売新聞と日本経済新聞は9日付朝刊で、前副知事の猪瀬直樹氏(66)が、「優位に戦いを進めている」(読売)、「大きくリード」(日経)と報じた。

   両紙とも、6~8日に電話調査を実施、取材内容を加えて分析した。他候補については、例えば日経紙面では、「前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(66)や前神奈川県知事の松沢成文氏(54)らが追うが、水をあけられている」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中