7~9月期GDP改定値、年率3.5%減 景気後退局面に

印刷

   内閣府が2012年12月10日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価の変動を除いた実質ベースで前期比0.9%減、年率換算で3.5%減だった。景気が後退局面に入っていることを示している。

   11月12日に公表した速報値から横ばいだった。一方、季節調整をかけ直した影響で4~6月期の実質GDPは前期比0.0%減、年率0.1%減に下方修正し、2四半期連続のマイナス成長となった。海外景気の減速に伴う輸出の落ち込みが日本経済の成長を抑えている。

   生活実感に近い名目も、前期比0.9%減、年率3.6%減と速報値から横ばいだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中