ピース綾部「熟女大好き」ウソだった? 本人がテレビで証言「本当は女性が好きなだけ」

印刷

   お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さん(34)は大の熟女好きといわれ、熟女ブームを牽引してきた。2012年8月には大相撲・若貴母の藤田紀子さん(65)との熱愛報道があり、そうした「性癖」が確定視されたが、実は「熟女好きキャラ」を演じているだけ、などという話もいくつか出ていた。

   そんな中、何人もの若い女性とのデート現場を見たという証言がテレビ番組であり、とうとう「本当は、女性が好きってだけです」と白状することになった。

元彼女がテレビに登場したが熟女ではなかった

   綾部さんの熟女好きは2009年にテレビ朝日のドーク番組「アメトーク」の熟女特集に出てから広く知られるようになった。イケメンで若い女性にモテそうなのに、熟女を選んだというギャップが衝撃的で、テレビや雑誌など熟女の話題では欠かせない存在になった。

   決定的だったのは藤田紀子さんとの熱愛報道。その後も五月みどりさん(72)、奈美悦子さん(61)とも噂になった。ただし、いずれも熱愛については否定している。

   そんな綾部さんが2012年12月6日放送の日本テレビ系「芸能界!1万人のイメージvs身内の真実」に出演した。この番組は視聴者に芸能人のイメージをアンケート調査し、それが本当かどうかを検証するというもの。まず、「いつも必死」というものが出た。

   証言者として登場したのは元彼女で、高校から20歳過ぎまで付き合っていた。ある日のデートで、2人は一緒に映画を観たのだが、映画の途中でムラムラしてきた綾部さんは元彼女をラブホテルに誘った。しかし、元彼女を連れ込んだのは小汚い民宿で、雰囲気がぶち壊し。

「直ぐに帰ろう、と言ったんですけど、ユウジは必死に求めてきた」

などと元彼女は語った。顔の半分を隠していたためはっきりは分からないが、付き合っている当時は、熟女ではなかったようだ。

「名古屋のスタイリストとはどうなったんだ?」

   そして綾部さんのイメージは「熟女好き」がトップになった。レポーターの井上公造さんが、4人の熟女と噂になった、などと説明したが、出演した芸人仲間たちは実態を暴露。「名古屋のスタイリストとはどうなったんだ?」から始まり、女医や、女性社長など様々な名前が挙がり、路上でキスしているのを見た、などといった証言も飛び出した。

   熟女好きではなかったのか、などの質問もあって、綾部さんの目は泳ぎ、バタバタと歩き出し、キレたような声を発したが、とうとう追い詰められた。そして、

「本当は、女性が好きってだけで、熟女限定なわけではないですし、ステキな女性が好きってだけだ!」

などと白状した。

   綾部さんの熟女好きに関して、かねてから違うのではないのか、などと首を傾げる報道も出ていた。美人の母親に大切に育てられたためマザコン体質はあるが、実は若い女性が大好きで5股をかけることもある、といったものだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中