ルネサス、革新機構主導で再建へ 民間8社も出資

印刷

   政府系ファンドの産業革新機構は2012年12月10日、半導体大手のルネサスエレクトロニクスを買収すると発表した。

   ルネサスが第三者割当増資で発行する株を、1株120円で機構などが引き受ける。機構は13年9月までに1383億円を出資、ルネサス株の69.16%を握る。民間からも、トヨタを筆頭に日産自動車、パナソニック、キヤノン、デンソーなど8社が計116億円、計5.82%の株を引き受ける。

   これにより、現在ルネサスの議決権の9割超を保有しているNEC、日立、三菱電機の母体3社の持ち分は22.8%に低下する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中