11月の街角景気、円高一服で4か月ぶり改善

印刷

   2012年11月の景気ウオッチャー調査は、経済活動を映す「街角景気」の現状判断指数が前月より1.0ポイント高い40.0となり、4か月ぶりに上昇した。内閣府が12月10日に発表した。円高基調が一服したことが背景にある。ただ、内閣府は基調判断を「引き続き弱い」と前月から据え置いた。

   11月は「家計」「企業」「雇用」の全分野が改善したが、好不況の分かれ目である「50」を7か月連続で下回った。

   2~3か月後を占う先行き判断指数も前月比0.2ポイント高い41.9となった。先行き判断指数は7か月ぶりの改善。

   調査期間は11月25~30日で、11月中旬から下旬にかけて進んだ円安を反映して「自動車部品の輸出環境がやや良くなっている」(東北、一般機械器具製造業)「円安で若干の収益改善に期待感がある」(四国、電気機械器具製造業)と、好感する声が相次いだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中