ラジオ体操日課、海外からの訪問団激励 学会池田名誉会長に「健康回復」説

印刷

   2010年頃から公の場に出ることが減り、脳梗塞などの健康不安説が絶えなかった創価学会の池田大作名誉会長の「健康回復説」が浮上している。

   香峯子(かねこ)夫人が月刊誌に寄稿した内容によると、ラジオ体操を日課としており、海外からの訪問団を激励したりしているというのだ。

「脳梗塞で車椅子」説も出ていた

   池田名誉会長の健康状態をめぐっては、2011年2月に週刊新潮が

「創価学会名誉会長『池田大作』は『脳梗塞で車椅子』と講演した『星浩』朝日新聞編集委員」

という見出しで健康状態を報じたほか、11年10月には週刊文春が、池田氏が入院している病棟の看護師を名乗る人物の証言をもとに、池田氏の健康状態を報じている。創価学会では、新潮の記事には抗議しており、文春記事の内容は「事実無根」としているが、池田氏の健康状態についてはノーコメントを貫いていただめ、健康不安説は消えないままだった。

   それから1年以上が経った12年12月になって、池田氏について「元気」だとはっきり綴られたエピソードが披露された。

   12月10日に発売された「文藝春秋」13年1月号で、香峯子夫人が「作家、松本清張との対話」と題して寄稿している。寄稿は、文藝春秋1968年2月号で池田氏と松本清張氏が対談した時の様子を振り返る内容が大半なのだが、注目すべき点は、

「かつて肺を患い、『30歳まで持たない』と言われた主人は、お陰さまで85歳を迎え、いよいよ青年とともに進むのだと元気です。ラジオ体操を若い人たちと一緒にするのが、今も日課となっています。先般も、来日中のアフリカ10ヵ国の青年たちに会って激励しました」

という箇所だ。この記述が事実だとすると、かなり健康状態は良好だと言えそうだ。創価学会広報室によると、アフリカの青年を激励した様子は、機関紙「聖教新聞」の9月12日付け1面でも報じられたという。

「激励」の様子は機関紙1面で写真付きで報じられる

   9月12日の記事では、池田氏の様子を、

「各国の若き友を見守り続けた池田SGI会長(編注: 池田名誉会長)は(9月)11日午前、東京・信濃町の聖教新聞本社前で、見学に訪れていたアフリカのメンバーを激励した。SGI会長夫妻が車で本社前へ。車窓から帽子を振って、アフリカの青年たちにエールを送るSGI会長」

と報じており、アフリカ人の一団を前に、車窓から白い帽子を手に、声をかけているように見える池田氏のカラー写真も掲載されている。

   記事によると、池田氏はメンバーに対して励ましの言葉を贈ったという。ただし、その言葉を実際に池田氏が読み上げたかどうかは明らかではない。

   それ以外にも、8月21日の3面には、ゴルフカートのような乗り物から、外にいる人に話しかける池田氏の写真が掲載されている。8月に、長野研修道場(長野県北佐久郡軽井沢町)で撮影されたとされる。8月24日の1面には、香峯子夫人とのツーショット写真が確認できる。こちらは、8月23日に新宿区内で撮影されたという。

   ただし、いずれの写真でも、見方によっては、やや口が曲がっているようにも見えるのが気がかりだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中