名古屋高速のトンネルでナット14本欠落

印刷

   名古屋道路公社は2012年12月12日、天井板が落下した中央自動車道の笹子トンネルと構造が同じ名古屋高速2号東山線東山トンネル(名古屋市)を緊急点検したところ、ボルトを締めるナット14本が欠落していたと発表した。

   NHKの報道などによると、12年9月にも点検が行われていたが、その際は道路の横から目視しただけで、見落とした可能性が高いという。安全性に問題はないとして通行止めの措置は取らないが、夜間に通行を規制して補修作業を進める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中