太陽光パネル、海外生産5割超に パナソニック

印刷

   パナソニックは太陽光パネルの海外生産比率を現在の3割強から2013年度中に5割強に引き上げる。

   同社は2012年12月13日、マレーシアで建設を進めていた太陽光パネルの新工場での生産を開始した。新工場の年間生産能力は約30万キロワット(発電能力ベース)。海外拠点としては初めて、材料加工からパネルの組み立てまでの一貫生産を導入。これにより生産コストを2割程度削減できる見通し。旺盛な国内需要に応えるとともに、輸送費用の削減や現地部材の活用などによるコスト競争力のさらなる強化を図る。

   現在同社は、HIT太陽電池セルの生産を、二色の浜と島根の2拠点、モジュールの生産を、国内では二色の浜と滋賀、海外ではハンガリーで行っており、セル、モジュールそれぞれの年間生産能力は60万キロワットになる。これにマレーシア工場が加わることで年間生産能力は90万キロワットとなり、現在の1.5倍に拡大する。

   今後はモジュールに、パワーコンディショナー、架台、蓄電池などを組み合わせたシステムソリューションの提供を強化していくという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中