野田首相、進退は「天命下った後に」

印刷

   野田佳彦首相は2012年12月16日朝、地元の千葉県船橋市の小学校に設けられた投票所で衆院選の投票を済ませた。野田首相は記者団に対して、

「諦めずに、投票箱が閉まるまで懸命に頑張る」

と述べ、開票後については、

「天命が下った後に、何らかの形でコメントする」

と、自らの進退について述べる考えを明らかにした。

   自民党の安倍晋三総裁は、すでに不在者投票を済ませている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中