猪瀬直樹・新都知事 「東電の改革進める。東京が全国のモデルに」

印刷

   東京都知事への当選を確実にした猪瀬直樹・前副知事は2012年12月16日夜20時45分ごろ、ニコニコ生放送に他のメディアに先駆けて出演した。猪瀬氏は、

「400万票近い民意を受けたことは歴史的事件。『改革を急げ』という期待感と重く受け止めている。首相がほとんど1年ごとに変わるひどい状況が続いているが、日本の心臓である東京から、日本全体を変えたいと思う」

と抱負を述べた。

   また共演者のみんなの党の松田公太・参院議員から「電力自由化、やりましょう」と水を向けられると、

「東電改革を全国の電力企業改革の突破口にしたい。東京が一生懸命やることでモデルとなる」

と東電改革に強い意志を見せた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中