長谷川洋三の産業ウオッチ
東芝佐々木則夫社長の戒め:せいぜい1ドル=90円がいいところだ

印刷
「我々が望んでいることは人民元とウォンが正当に評価されることで、単に円安が進めばよいというわけではない」

   東芝の佐々木則夫社長は2012年12月13日、東京都内で開いたメデイアとの年末懇談会でこう強調した。円の対ドル為替相場はこのところ円安に振れ株式市場でも輸出銘柄が人気を呼んでいる。しかし佐々木社長は「大局的に見れば円安は必ずしも歓迎できるわけではない」と指摘した。

   インフレターゲットに対する見方もその延長線上にあり「インフレをあおるのも良いがあくまで円が国際的に信任されていることが前提」と強調した。佐々木社長によれば「せいぜい1ドル=90円がいいところでそれ以上の円安は日本に対する不信だ」と行き過ぎの円安を戒めた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中