国債保有、海外勢が過去最高 9月末86兆円

印刷

   日本銀行が2012年12月21日に発表した7~9月期の資金循環統計(速報)によると、海外投資家が保有する日本国債の9月末の残高は86兆円。また、国債の残高に占める海外勢の保有比率は9.1%で、いずれも過去最高となった。

   欧州の債務危機や米国の「財政の崖」の問題などがくすぶるなか、比較的安全な資産とみなされている日本国債に資金が向かっていることがうかがえる。

   海外投資家の保有が増えれば、国内の投資家だけに頼るよりも市場での安定消化につながる。半面、短期間で巨額の資金を動かす投資家も多いので、国債の急激な売りが膨らむ可能性が高まることもある。

   一方、日銀の国債保有額も急増。9月末時点で105兆円となり、量的緩和を実施していた2005年3月末の99兆7000億円を上回り、初めて100兆円を突破した。

   保有比率は11.1%で、06年3月末時点の12.2%以来の高水準。資産買い入れ等基金の残高積み上げで、国債の買い入れを増やしていることが背景にある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中