TV出演大幅減、病み?ツイート… 次長課長・河本は大丈夫か

印刷

   高収入にもかかわらず母親に生活保護を受給させていた、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)。問題が発覚してから約7か月が経ったが、このところ元気がない印象が強い。

   「最近テレビで見かけないな」という声が多く聞かれるほか、更新を再開したツイッターも何となく気が抜けたような感じが見てとれる。一時はテレビで顔を見ない日はないほどだっただけに、なんとも寂しい現状だ。

レギュラー番組はテレ東の深夜2本のみ?

生保問題の影響で仕事減?(12年5月撮影)
生保問題の影響で仕事減?(12年5月撮影)

   河本さんのレギュラー番組は現在、「河本準一のイラっとくる韓国語講座」、「解禁!暴露ナイト」の2本くらいだ。いずれもテレビ東京系の深夜番組だ。

   テレビ番組表に掲載された出演者データをもとに人物ごとの出演時間などを記録しているサイト「テレビ出演ランキング」によると、再放送を除くレギュラー番組以外では、12月中は「こんな感じでどうですか」(フジテレビ系・2日放送)、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系・2日放送)、「プレッシャーバトル!!芸能人書き順王決定戦」(TBS系・6日放送)の2本に1人で出演。次長課長としての出演は「VS嵐」(フジテレビ系・13日放送)のみだった。

   12月の総出演時間は、21日時点で8時間20分だった。ピーク時の11年6月は1人で月26時間超の出演時間だったため、かなり少なくなっている印象を受ける。

   ツイッターでも、「次長課長の河本まったく見なくなった気が…」「最近めっきり見なくなっちゃったよな~」「あれだけ出ていたのに…」と、河本さんの出演番組が減ったことを実感している書き込みがいくつか見られる。

ツイッター再開も「キモイ」「怖い」

   5月まではほぼ毎日更新していたツイッターも、問題発覚後はしばらく休止していた。

   11月から少しずつツイートを再開し、12月中旬からようやく回数が増えたが、その内容が「何となく怖い」と話題になっている。

「便所入った。慌てて入った。鍵の閉めが甘かった。気にする余裕が無かった。ズボン脱いだ。すぐ出た。ドア開いた。びっくりした。おじいちゃん立ってた。入ってますって言った。えっ?って言われた。耳が遠い方だった。何を言ってるのか聞こえなくても、入っているのだから閉めて。ゆっくり閉めた。」(12月19日)
「タクシー乗った。信号で止まった。何の気なしに左見た。軽トラックのおっさんと目が合った。2人ともジッと見た。気まずくなった。手を降ってみた。人差し指を自分の鼻に向けて、俺に?って感じだった。すぐやめた。前を向いた。目を閉じた。恥ずかしい。気付かれてなかった。じゃあなぜ見たの?」(12月19日)
「改札出た。歩いた。横見た。カップルいた。イチャイチャしてた。僕ずっと見た。カップル目をそらした。男下向いた。女河本じゃね?と言った。僕下向いた。足のスピードあげた。どうぞ」(12月20日)

   こうしたツイートに対し、インターネット上では「知らない間に河本さんのツイートが怖くなってた」「相変わらずよくわからないツイートしてる」などの感想が書き込まれている。河本さんあてにも「病んでるアピール?」「こ、こわい」「最近ツイートキモイ」などのツイートが寄せられているが、河本さんはこうした声に対し特に反応していない。

   なお、12月29日に放送される「人志松本のすべらない話」には実に1年ぶりに出場する。河本さんが「ネタ」としていた家族の話は出るのか、注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中