スタバのコーヒーの量密かに減っていた 「告知くらいしろ」とネットで物議醸す

印刷

   スターバックスが国内店舗で販売しているドリンクの量を2012年12月から一部で減らしていた。

   これまではほぼ容器いっぱいに注いでいたが、こぼれやすいなどといった指摘がお客から寄せられたためだ。ただ、要望さえあれば今までどおりの量を提供する。

   これがネットで物議を醸している。発表がなかったため「告知くらいしろ」という意見が多く、ライバルであるタリーズジャパンの創業者もツイッターで苦言を呈した。

要望すれば多めになる

ミルクがそそぎやすくなった(2012年12月21日撮影)
ミルクがそそぎやすくなった(2012年12月21日撮影)

   スターバックスは、2012年12月5日から店舗スタッフ向けのガイドラインを改定し、ドリップコーヒー、ティー、カフェアメリカーノ、カプチーノなど、とくに熱い液体を使うメニューの量を「ほんの少し減らした」そうだ。

   具体的には、ショートサイズ(一番小さいサイズ)のドリップコーヒーの場合、これまで容器の口から6ミリの高さまで注いでいたのを15ミリに減らした。容器いっぱいに注ぐと、こぼれやすく火傷する、また、ミルクを入れるスペースがないなどといったお客からの指摘に応えたそうだ。ただ、お客が要望すれば、今までどおりの量を注ぐという。

   実際に記者が2012年12月21日、港区内のスターバックス店舗でショートサイズのドリップコーヒーを普通に注文したところ、飲み口から16ミリほど下まで入っていた。

   一方、同じメニューを「多めで」と付け足して頼むと、今度は飲み口いっぱいまでなみなみと注がれた。会社まで歩いて持ち帰る途中に飲み口から溢れてしまうほどだ。たしかに手にかかると熱く、危ないこともわかった。

   ネットにも、「たしかにシロップなどを多めにいれると溢れることがあったから、ちょっと量を少なめと注文することはあった」といった書き込みがあった。

タリーズ創業者もツイッターで苦言

   ただ、とくに発表などのされていない現在の状況では、何も知らないお客にとっては、同じ値段を払っているのに量だけが減らされる格好だ。そのため、「そもそもアメリカと比べると日本のスタバは高すぎるのに、量も減らすなんて許さん!!」「どう考えても原料費削減」「こぼれるのが問題なのならば、容器を大きくすれば済むことだろ?」などと不満を訴える人もいる。とりわけ、「告知くらいしろよ」という声が多い。

   スターバックスのライバルにあたるタリーズコーヒージャパンの創業者・松田公太さんも、ツイッターでこう苦言を呈した。

「減らすなとは言いませんが『最高の顧客満足』が経営理念にあるなら、正々堂々と告知をしないと」

   J-CASTニュースでは、この件について、スターバックスに問い合わせようとしたが、担当者が本日は休みとのことで、話は聞けなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中