塩谷瞬「常識のないマスコミは最低」 手作りイベントへ「ずかずか勝手に」と激怒

印刷

   二股交際で話題になった俳優の塩谷瞬さん(30)が2012年12月23日、ブログで「常識のないマスコミは最低」と批判した。

   22日に東京都内でファン向けのクリスマスイベントを実施。当日、会場にマスコミが「ずかずか勝手に入って」来た。これに対し、「常識がない」「最低でした」と怒りをぶちまけた。ネット上ではファンからも、「マスコミに負けないで」とエールの声が飛び交っている。

「叩かれて苦しい思いをした」胸の内明かす

   塩谷さんは、2012年5月頃、写真週刊誌「フライデー」に冨永愛さん(30)と手つなぎデートをスクープされ、結婚間近と噂された。ところが、もう1人、結婚を前提に交際していた料理研究家の園山真希絵さん(34)の存在が浮上した。

   すると冨永さんは一転、ブログで熱愛を否定し、テレビで「彼がしたことは人として許せない」と強く非難した。塩谷さんは5月1日、都内にある稽古場に集まった報道陣に、結婚を前提にした二股交際を認め、謝罪する事態となった。 ただ、会見後にテリー伊藤に明かしたところによると「冨永さんの家族と会ったのはパーティで偶然。園山さんとは結婚の話はそこまでいってない」という状態だったそうだ。

   騒動から半年以上経った現在でも、「二股交際」という不名誉な枕詞がついてまわる。そんな状況を支えたファンらへのプレゼントとして、12月22日にクリスマスイベントを企画した。手作りでアットホームな雰囲気を目指していたという。

   しかし、塩谷さんはイベント終了後の23日に更新したブログで、ファンに対して来場を感謝しつつ、「ずかずか勝手に入って来る常識がないマスコミは最低でした」と怒りをあらわにした。

   背景には、二股交際報道をめぐり、マスコミに対する複雑な感情もあったものと見られる。参加したファンのブログによると、塩谷さんはイベントで「叩かれて苦しい思いをした」胸の内を明かしていたそうだ。

「マスコミの事わ残念ですが…」

   ただ、ブログに寄せられた感想コメントは、「素敵な時間をありがとう」「ステキでした。(o^^o)」「楽しかったです(*^^*)アットホームで心地よい時間を過ごすことができました♪」「頑張って行って本当によかったです」といったものがほとんどだ。

   参加していなかったファンからも、「マスコミの事わ残念ですが楽しかったみたいで良かったです」「マスコミに負けないで~頑張って下さい 」などと応援が寄せられている。

   塩谷さんは、2013年2月2日に主演映画『ばななとグローブとジンベエザメ』(矢城潤一監督)の公開を控える。来年以降のドラマの仕事も決まっているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中