「クリぼっちなう」聖夜に相次ぐ ツイートはすべて男という悲しい現実

印刷

   カップルや家族など親しい人と過ごすイメージのクリスマスを、一人で過ごすことを最近のネットでは「クリぼっち」と呼ぶようだ。「クリぼっちなう。なう…(゚´ω`゚) 」「予定が狂ってクリぼっち…」といった風に使われ、2012年12月25日までにツイッターで6000件以上つぶやかれた。

   しかも、ツイートしたのはすべて男性で、富山県民がもっとも多いという解析結果も出た。いったいどうしてなのか。

最もつぶやきが多いのは、富山県民?

   「クリぼっち」とは、クリスマスと1人ぼっちをかけた言葉で、クリスマスを1人で過ごす状況を言う。あるキーワードがどれだけ検索されているかがわかるグーグルトレンドで調べると、ネットでは2011年頃から使われはじめたようだ。2012年12月24日放送のNHKニュースウォッチ9で取り上げられて、一躍有名になった。番組によると、今年は男性の72%、女性の56%が「クリぼっち」だそうだ。

   この放送を受けて、ツイッターでは、「やめてあげて」「こんなダサい呼び方されたら余計恥ずかしくなるだろ」「NHKで『クリぼっち』なる用語を説明している間の 家族が僕に送る視線に傷んだ心を癒す術を知らない」と、「クリぼっち」たちの嘆き節が広がった。そんな中で、ある事実が浮かび上がった。

   Twitterのアクセス解析サービス、TwiTraqで調べると、11月26日から12月25日までの1か月間にツイッターでもっとも多く「クリぼっち」とつぶやいたのは、富山県民だという。2位は茨城、3位は栃木と続く。性別を見ると全て男性で、女性は0%だった。

   もちろん、ツイッターではすべてのツイートに地域の情報がつくわけではないので、この結果の正確さについては疑問が残る。グーグルトレンドでは、「クリぼっち」が多く検索されている地域は、東京だった。

「富山だっせw雪から出てくんな」「うちの県もかなり多かった 死にたい」

   ただ、2ちゃんねるなどのネットでは、「『クリぼっち」ツイートが多い」として名のあがった県民らが悲鳴を上げる事態となった。

「『富山wwww』と思ったらうちの県もかなり多かった 死にたい」(茨城県民)
「恥ずかしい こんなイミフ造語をつぶやいた県民は雪かき10軒分をスコップのみでやるべき」(富山県民)
「富山だっせwwwwwwwww雪から出てくんなよ恥ずかしい」(富山県民)

   それにしても、いったいなぜ、「クリぼっちツイート」が富山に集中したのか。富山市に本社をおく北日本新聞の25日の記事によると、24日は県内で雪が激しく降り、平野部で今年初の積雪を観測したそうだ。空の便が乱れ、車のスリップ事故も相次いだ。最低気温は氷点下1.0になったところもあり、1月下旬~2月上旬並みの寒さ。さらに、翌25日は、「冬型の気圧配置が強まり、終日、雪を伴った暴風が吹くなど大荒れの天気になる恐れ」と予想が出ていた。

   こうしたことの影響で、富山では24日、25日の予定をキャンセルし、やむなく家で「クリぼっち」として過ごした人が多かったのかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中