【2012年テレビ回顧】(上)
AKBブームは峠を越えた? いや、今年もミリオンセラー死守したよ!

印刷

   2012年もあとわずか。テレビに関する身近な話題をJ-CAST家のファミリーで振り返ります。初回はAKBの総ざらい。今年は一番人気のセンター、前田敦子さん(あっちゃん)の卒業もあって大いに盛り上がりました。登場するのは、父、母、兄(大学生)、妹(高校生)です。

ぱるるセンターで「新世代の幕開け」

:今年もAKB48は世間をにぎわせたよね。
:テレビでAKBの子を見ない日はないくらいだった。
:でもスキャンダルも多かったな。俺の周りでは「もうヲタやめる」って奴が結構いた気がする。正直、オワコンって感じするけどね。
:確かに今年はうんざりしちゃうこともあったけど、いろんなサプライズもあったし、まだまだ注目しちゃう存在だと思う。
:そういえば、あっちゃんの「卒業発表」に居合わせたんだよね。
:3月のさいたまスーパーアリーナのコンサート最終日、ちょうど私も見に行った日だった。突然の発表に、周りのあっちゃん推しじゃない人たちも、みんな取り乱してたな。私も、あっちゃんとたかみな(高橋みなみ)に釣られて泣いちゃった。
:終演後に涙声で電話してきたわね。
:今年の総選挙はどうだったんだ。
:あっちゃんが辞退することになって、大島優子の一人勝ちになるのか、まゆゆ(渡辺麻友)やゆきりん(柏木由紀)が上がってくるのか注目されたの。6月6日の開票当日は武道館からテレビで生中継もされた。
:結果は優子が圧勝だったわね。
:でも、「ヘタレ」「いじられ」のイメージが強かったさっしー(指原莉乃)が4位にまで上がったり、去年は圏外だった9期生の島崎遥香ちゃんが23位でアンダーガールズに入ったり。遥香ちゃんの「ぱるる」っていうあだ名が一気に浸透した年だったな。名古屋のSKE48や難波のNMB48からのランクインの人数も増えて、世代交代というか、新顔のメンバーが増えて、おもしろかった。
:7月には「海外留学制度」が発表されたね。
:AKBは昨年末から今年にかけ海外に姉妹グループをつくったの。ジャカルタのJKT、上海のSNH。これから台湾にTPEもできる予定で、そこに日本のAKBメンバーを留学させる、という構想よ。
:壮大だね。
:8月の東京ドームコンサートで「組閣」っていうチームのシャッフルがあって、海外移籍するメンバーも発表された。はるごん(仲川遥香)やまりやんぬ(鈴木まりや)は立候補してそのまま移籍になったみたいだけど、急に決まった、って呆然としちゃう子もいたみたい。でもJKTに移籍になったあきちゃ(高城亜樹)とはるごん、SNHに移籍になったさえちゃん(宮澤佐江)とまりやんぬは、ブログとかGoogle+で現地のメンバーと交流してる写真とかアップしてて、かなり充実してそうだよ。
:まるで「AKB共栄圏」だね、ビジネスとしての構想力はなかなかのものだ。
:9月にはじゃんけん大会もテレビで中継されたじゃない?ただたくさんの女の子がじゃんけんしてるだけなのに、ついつい見ちゃった。
:じゃんけん大会の中継も初めてだったね。これでぱるるが勝ってセンターになった。ぱるるはあっちゃんが卒業する前から「次期エース」「ポストあっちゃん」みたいに言われてたし、なんか「新世代の幕開け」って感じの勝利だったな。
:さすが長年のファンだけあって詳しいなあ。ところで、今年の紅白は?
:AKBだけじゃなくてSKEも単独で出るの。
:年末年始の歌番組がAKBだらけになっちゃうかもね。

スキャンダル続出でファンもハラハラ

:いいことばっかり言ってるけど、ぶっちゃけ今年はスキャンダルだらけだったって感じする。
:確かにスキャンダルは多かったと思う。まず1月に、なっちゃん(平嶋夏海)とよねちゃん(米沢瑠美)が、ツイッターに男と親しそうに写ってる写真をアップしたりしたのがばれて脱退した。年明け早々衝撃だった。
:俺その時ネットで「握手会に向かうバスの中で推しメンの解雇を知った」っていう書き込み見たよ。本当ならさすがにかわいそうだと思った。
:総選挙の後には、さっしーの元カレっていう男がいろいろしゃべってるのが週刊文春に載って…。4位になったばっかりのさっしーが、その報道があってすぐに博多のHKTに移籍になったの、これもみんなびっくりしてた。
:あっちゃんが卒業した直後にも、佐藤健と合コンしてたっていう記事が載ったな。
:あっちゃんお姫様だっこされてお尻出ちゃってる写真まで載ってたし、正直私もがっかりしちゃったな。
:最近も不倫だなんだってあったじゃん。
:DA PUMPのISSAとゆったん(増田有華)。「お泊まりしたけど付き合ってはいない」って話だけど、結局ゆったんすぐにAKB辞めるって言っちゃったし、ファンも「本当はどうなの?」って思ってるよ。
:いつもスクープは週刊文春ね。
:週刊新潮も9月20日号から「時代の寵児『秋元康』研究」という秋元プロデューサーの連載をやってた。名誉毀損で訴えられた。
:マスコミではこの2誌以外にAKBのマイナス記事は出ないみたいだ。やっぱり番組やグラビアなどでAKBにお世話になってるから?
:週刊文春にも8月9日号に、「AKB48がついに登場」って触れ込みでグラビアが載った。でも9月6日号の「組閣のウラ事情」って記事では「小誌は今後もガチです」って宣言していて、そのあともスクープを連発してる。

「真夏のSounds good!」が歴代最高を記録

:ところでCDはまだまだ売れてるの?
:今年出したシングルは全部発売から1週でミリオン達成してるよ。2月に出した「GIVE ME FIVE!」は129万枚、5月の「真夏のSounds Good!」は総選挙の投票権が付いてたんだけど、それでも162万枚も売れた。これはAKB歴代最高売り上げになってる。
:その後に指原さんやあっちゃんのスキャンダルがあったよね。
:それでも8月の「ギンガムチェック」は118万枚売れたし、10月の「UZA」は113万枚、12月に出たぱるるがセンターの「永遠プレッシャー」は握手券なしでも107万枚売れたよ。最近はなんとかミリオン死守って感じになってるけど、今の時代これだけ売れてればすごいよね。
:あんだけテレビでやりゃあな、って気もするけど。来年はどうなるかわかんないね。
:そりゃそうだけど、もちろん人気は下がっちゃうかもしれないし、でも今年でこれだけ持ちこたえたんだからまだまだ終わらないかもしれない。博多のHKT48のメジャーデビューも控えてるし、今は全然有名じゃない若いメンバーが来年には選抜常連ってこともありえるよ。AKBをずっと育てたいと思っているファンは多いから、来年も注目だね。
:バイトの金を全部つぎ込んで、涙ぐましいね。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中