「長嶋監督と素振りしたのが一番の思い出」 松井「引退会見」で明かした師弟愛

印刷

   プロ野球・巨人やニューヨーク・ヤンキースで活躍した松井秀喜選手が現役引退を表明した。結果を残せなくなり、大リーグに渡る際に表明した「命懸けのプレー」が終わりを迎えた、と語った。

   会見ではたびたび、巨人時代からの「師」である元監督の長嶋茂雄氏に感謝を示し、共に過ごした日々のエピソードを披露した。松井選手は、長嶋氏が自ら手塩にかけて育てた数少ない「直弟子」だったのだ。

監督自宅地下の「バットスイング室」で英才教育

ヤンキース公式サイトでも松井選手引退を特集した
ヤンキース公式サイトでも松井選手引退を特集した

   米ニューヨークで日本時間2012年12月28日朝に開かれた会見で、松井選手は「引退」という言葉をあえて使わず、「20年間に及んだプロ野球選手人生に区切りをつける」と表現した。今季は、開幕1か月後にタンパベイ・レイズと契約したものの、成績不振でシーズン途中で退団。去就が注目されていたが、自ら現役生活にピリオドを打つ決意を表明した。

   冒頭から約15分間、これまでの歩みを振り返るなかで強調したのが、長嶋氏への思いだった。1992年のドラフト会議では、松井選手の1位指名に4球団が競合。くじで交渉権を引き当てた長嶋氏が、右手親指をグッと立てて笑顔を浮かべたシーンは印象的だ。巨人入団は「すごい光栄なことだった」と振り返る。

   当時取材に当たっていたスポーツジャーナリストの菅谷齊氏は、もともと阪神ファンだった松井選手に指名当日、「長嶋氏自ら電話を入れて口説いた」と話し、続けて「実はその夜、松井家では赤飯を炊いたのです」と明かした。これこそ、長嶋氏の誘いを受け入れて巨人入団を決めた「意思表示」だった。

   会見で「最も思い出に残るシーン」を問われると、「いっぱいありますね」と10秒近く考えた後に口にしたのは、「長嶋監督と2人で素振りした時間」だった。プロ入り初本塁打でも、ワールドシリーズMVPでもなく、「毎日のように2人きりで指導してもらった」日々こそが「僕の野球人生にとって大きな礎となった」と、やや目を潤ませた。

   菅谷氏は「長嶋氏は、心の底から松井選手を自分の手で育てたかった」と話す。超高校級だった松井選手が入団間もない頃、そのバットスイングを観察して「このままでは4番は打てない」と自ら英才教育を始めたのだ。東京・田園調布の自宅地下に設けた「バットスイング室」に呼び寄せ、熱心に指導に当たった。松井選手が「(長嶋氏から)プロ野球選手としての心構え、練習や試合の取り組み方すべてにおいて学んだ」と感謝したのは、こうした師弟関係が背景にあったのだろう。

大リーグ移籍何度も相談、決断を真っ先に伝えた

   松井選手が巨人からFA宣言をしてヤンキース移籍を明らかにしたのは2002年11月。長嶋氏は前年のシーズンで巨人軍監督から退いていた。だが大リーグ移籍を何度も相談し、決断を真っ先に伝えた相手は長嶋氏だったようだ。当時の報道を見ると「最後はわがままを聞いてもらった」と打ち明けている。これに長嶋氏も「初志貫徹してよかった」とエールを送っていた。

   引退の報告も、会見前に電話で伝えていたという。そのときの長嶋氏の胸の内を推し量って「少し残念な気持ちと、『よくがんばった、ご苦労さん』という気持ちの両方あった気がします」と述べた。

   母校である石川・星陵高校の恩師、山下智茂名誉監督は松井選手を「努力の天才。人前で努力しない、隠れて努力するのがプロじゃないかと思う」と評した。実は長嶋氏も「人には努力している姿を見せず、陰で努力するタイプ」だと菅谷氏は明かす。野球人としての2人の姿勢は共通していたのだ。だからこそ「長嶋氏は松井選手の才能を見抜いたのでしょう。よほどでなければ自らの『ふところ』に入れない長嶋氏がこれほどの熱意を持って育てた松井選手は、稀有な存在だと言えます」。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中