三陸のアワビは別格の輝き! 被災で移転した螺鈿の工房【岩手・盛岡発】

印刷
news_p160007_01.jpg

アリティーヴィーの高野です。

news_p160007_02.jpg

綺麗ですよね!!

これ、螺鈿という技法で作られたペンダントなんです。
今回は、岩手県宮古市で被災し、現在盛岡市内に本拠地を移した「螺鈿 澤井工房」のご紹介です。
木地に漆を塗り、アワビや夜光貝などの裏側を薄く切り出し、砕いて装飾したもので、古くは奈良時代にまで遡るんです。

news_p160007_03.jpg

この伝統技法を受け継ぎ、全て手作りで制作されているのが、澤井正道さん。

news_p160007_04.jpg

「やっぱり、三陸のアワビの貝は別格で、本当に美しい輝きがでるんですよ。」

news_p160007_05.jpg

東京産まれで、元々かんざし職人だった澤井さんは、平成6年に宮古市に転入。
それからは、螺鈿技法を用いたジュエリーや茶道具、帯留め等を制作されていました。

news_p160007_06.jpg

しかし、3.11 自宅も工房も津波の被害に遭ってしまいました。

news_p160007_07.jpg
news_p160007_08.jpg

機械類はダメになってしまいましたが、仕事道具は残りました。
「私の仕事は手仕事ですから。場所を移動して何とでもなるんです。」

news_p160007_09.jpg
news_p160007_10.jpg

「ただ、材料の貝を仕入れるのが難しくなってしまいましたね」
知人から譲り受けたり、現状を知った県外の方が材料を持ってきてくれたりもしたんだそうです。

現在は、三陸産だけではなく、県外や海外の貝を使って制作しているんだとか。

news_p160007_11.jpg
news_p160007_12.jpg

盛岡に移転しても尚、精力的に作品作りを続けている澤井さん。
今は息子さんと二人で制作に励んでいます。

news_p160007_13.jpg

量産できないため、物産展や展示会などでの販売がほとんど。
気になった方は一度問い合せてみてはいかがでしょうか?


螺鈿 澤井工房
〒020-0114
岩手県盛岡市高松4-7-84
TEL 019-601-8646

news_p160007_14.jpg


仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中