河本準一「すべらない話」約1年ぶり復帰 ネットでは「不愉快」の声も

印刷

   母親の生活保護受給が問題となったお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんが2012年12月29日、「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)に約1年ぶりに復帰した。2004年の初回放送から出演しており、ほぼレギュラー扱いだったが、5月の騒動の影響があってか前回6月23日の放送には出演しなかった。今回復帰するにあたり、これまで多用していた「おかんの恋愛」などの家族ネタを使うかどうかに注目が集まっていた。

記者会見後は山梨県の寺にお参りに

生保問題の影響で仕事減?(12年5月撮影)
生保問題の影響で仕事減?(12年5月撮影)

   河本さんは指名されると、「知らない方もいらっしゃると思うんで」と前置きしながら、「5月にでっかい記者会見開きまして」と語り始めた。5月25日に吉本興業東京本部で開いた、母親の生活保護受給問題についての会見のことだ。

   (この問題に絡んで)さまざまなことを言われ精神的ダメージが大きかったため、お参りをするため山梨県の寺に後輩を連れて行ったという。

   本堂にたどり着くまでに約500段の階段を上る必要があり、無言で登るのはきついからと交代で段数を数えながら進むことに。途中で偶然会った50代の夫婦に「河本さんですよね」と気づかれたが、「いろいろあってお参りしようかなと思ってる」と応じると、「大変やったね。でもがんばってよ」と励まされた。

   ところがその後も、その夫婦から「そういえばこの間、河本さんを目黒でみましたよ。私も目黒に引っ越してきまして」などと何度も話しかけられた。夫婦が詳細な住所の数字を話題にし始めたところで、階段を数えていた河本さんは、「数字いわないで!」と思ったという。

   話題として触れつつも「生活保護」という言葉を出さない形で、河本さんの「すべらない話」は終わった。松本人志さんは、「ありがたいことやけどね。声かけてもらってな。ごくろうさまでした」というコメントでまとめた。

「面白かったです。河本が出ていること以外は」

   番組を視聴していたツイッターユーザーは

「河本準一がすべらない話に出ていた。例の問題で笑いをとっていて不愉快だった」
「今回は面白かったです。河本が出ていること以外はすごく!」
「自分がしたことをネタにしてて呆れるってゆうか岡山出身なのが恥ずかしいから出んでほしい」

と手厳しい意見を寄せていた。

   一方で、河本さんの同番組への復帰を歓迎する声も一部あり、「河本さんが、すべらない話に出ていて、ほっとしましたよーーーー」「干されてると思ってたけど、出れるようになって良かったね」というツイートがあった。

   河本さんは5月まではツイッターをほぼ毎日更新していたが、騒動でしばらく休止し、 11月から少しずつ再開。12月中旬からようやく回数が増えたが、その文体や内容が「何となく怖い」「大丈夫か」と心配する声が出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中