「金爆」、紅白下ネタは封印 記者の質問に答えたその理由

印刷

   白組が、2年ぶりに優勝旗「奪還」を果たした。2012年12月31日行われたNHK紅白歌合戦は、31万8625票対35万1942票で白組の勝利となり、通算成績を34勝29敗とした。

   前半の見せ場となったのは、メンバーの樽美酒(だるびっしゅ)研二さんによる「公開露出」予告をめぐり、まさに紅白の台風の目となっていた「金爆」ことゴールデンボンバーだ。

観客席がズラリ白いお面

リハーサル時の「金爆」。下ネタ発言が波紋を広げていた
リハーサル時の「金爆」。下ネタ発言が波紋を広げていた

   舞台裏の待ち時間にはディズニーの着ぐるみと戯れるなど、余裕綽々(しゃくしゃく)といった様子のメンバーら。文字通り日本中(?)が固唾を飲んで見守るなか、舞台ではエアバンドならではの、曲途中で楽器を放り出して踊り出すなどのパフォーマンスを見せた。

   そして曲の終盤、客席にメンバーが降りると、そこにサプライズが。審査員を含めた客席のほとんどが、樽美酒さんの白塗りメイクに模したお面に変身していたのだ。これには「やらかす」ことを期待していたであろうマスコミの記者からも「うわー!」「すごいねー!」と歓声がもれた。

   出演を終えて報道陣の前に姿を見せた樽美酒さんは、「最高でした」とまさに「してやったり」の表情。下ネタ発言について聞かれると、

「事務所の社長が怖いんですよ。(そんなことしたら)殴られちゃうんで」

と煙に巻いた。樽美酒さんばかりが記者に囲まれる状況にメンバーの歌広場淳さんが「何この状況!うらやましすぎる」と口を尖らせる中、樽美酒さんは、

「最高の親孝行になりましたー!」

と上機嫌だった。

「ヨイトマケの唄」には舞台裏も静まりかえる

「ヨイトマケの唄」を披露した美輪明宏さん(写真はリハーサル時)
「ヨイトマケの唄」を披露した美輪明宏さん(写真はリハーサル時)

   後半で注目されたのは、初出場の美輪明宏さんの代表作「ヨイトマケの唄」。SMAPの木村拓哉さんが曲名を紹介すると、暗闇の中から美輪さんが登場。リハーサルと同様の黒髪に黒い衣装といういでたちで、貧しい環境で息子を育て上げた母親に対する思いを約6分間にわたって切々と歌い上げた。

   それまで騒然としていた楽屋ロビーも、この6分間だけは静まりかえるほどだった。

   本番後は、ロビーの神棚に「今年も有り難うございました、という気持ち」で、深々と頭を下げていた。

   なお、J-CASTニュースでは、「紅白歌合戦で『期待外れ』だった出演者」をワンクリック投票で紅組白組とを別々に聞いている。集計結果は、1月2日に紅白の舞台裏と合わせて紹介予定。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中