ダイハツが軽に初の衝突回避システム 5万円と安価、軽の競争さらに激化

印刷

   ダイハツ工業が軽自動車「ムーヴ」のマイナーチェンジで衝突回避支援システムを軽で初めて搭載し、話題を呼んでいる。低速域でクルマが前方の障害物を検知する衝突回避支援システムは、スバルの「アイサイト」など、登録車(小型車や普通車)の一部では普及しているが、装着価格は10万円が相場といったところ。

   これに対して、ダイハツは徹底した低コスト化で、ベース車両に対して5万円の上乗せにとどめた。この価格設定は画期的で、軽自動車でも衝突回避支援システムが当たり前という時代がやってきそうだ。

追突事故の約6割は時速30キロ以下で発生

ダイハツ工業「ムーヴ」X“SA”
ダイハツ工業「ムーヴ」X“SA”

   ダイハツの伊奈功一社長はムーヴ発表の記者会見後、記者団に「軽のユーザーの多くは高齢者や女性なので、こういうアシストシステムが大事だと思っている。でも軽は安くないといけないので、5万円に抑えた」と語っている。

   伊奈社長の発言には説得力がある。交通事故総合分析センターによれば、追突事故の約6割は時速30キロ以下の低速域で発生している。ダイハツは「長い渋滞時、ちょっとした脇見や不注意で前のクルマとぶつかりそうになった時」など、「先進の安心をみんなのものにする」と謳っているが、これは軽のメインユーザーである女性や高齢者を意識したものに違いない。

危険が高まった場合は緊急ブレーキが作動

   「スマートアシスト」と呼ばれるダイハツの衝突回避支援システムは、フロントバンパー付近でレーザーレーダーが前方車両を監視。時速30キロ以下で走行中、衝突の危険性が高まるとブザーとメーター内のインジケーターでドライバーに警告し、ドライバーがステアリングやブレーキで回避せず、衝突の危険が高まった場合は緊急ブレーキが作動する。

   また、停止中や時速10キロ以下で走行中、前方4メートル以内に建物や壁などの障害物があるにもかかわらず、ドライバーが必要以上にアクセルを踏み込んだとシステムが判断した場合、ブザーとインジケーターで警告するとともに、エンジン出力を制御し、発信を抑制するという。さらに信号待ちや渋滞などで先行車が発進しても自車が発進しない場合、ブザーとインジケーターでドライバーに発信を促すという。いずれも高齢者はじめ、ドライバーにとってはありがたいシステムだ。このメリットを軽でも享受できるようになった。

衝突回避支援システムが標準装備という時代に

   軽自動車をめぐるダイハツ、スズキ、ホンダの上位3社の競争は激化している。2011年9月にダイハツがリッター当たり30キロの低燃費を誇る「ミライース」を発売すると、スズキがイースをわずかに上回る「アルトエコ」を投入して対抗。ホンダが11年末に投入した「N BOX」がヒットすると、スズキが「ワゴンR」のモデルチェンジを前倒しで実施。ダイハツは今回のムーヴで対向する――といった三つ巴の激戦が続く。

   伊奈社長は「今回の5万円という価格がどれくらい評価されるかわからないが、(スマートアシストの装着率は)半分くらいはいってほしいと思っている。受け入れられるなら標準化も考えていきたい」と語っている。

   登録車で先行するスバルの場合、主力車「レガシィ」へのアイサイトの新車装着率は9割という。ムーヴのスマートアシストが普及すれば、量産によるコストダウンとともに「日本車には衝突回避支援システムが標準装備」という時代が来るかもしれない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中