サウナで死亡の男性2人、死因は熱中症

印刷

   2013年1月8日に和歌山市のビジネスホテル「シティイン和歌山」のサウナで宿泊客の男性2人が死亡した件で、和歌山県警は8日、死因が熱中症だったと発表した。

   2人の血中からはアルコール分が検出されており、サウナに入る前に飲酒し、サウナの中で眠り込んで脱水症状になったと見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中