富山県警の「遅すぎる」殺害犯行声明文押収 なぜ週刊文春との交渉に2年超もかかってしまったのか

印刷

   富山市で2010年4月に会社役員夫婦を殺害したとして逮捕された富山県警警部補の加野猛容疑者(54)が、事件直後に「犯行声明文」を収めたCD-Rを週刊文春に郵送したうえ、「手記」の買い取りを求めていたことが2013年1月9日明らかになった。

   同誌が9日発売の新春特別号(1月17日号)で報じた。このCD-Rの解析によって事件は急展開を迎え警部補逮捕に結びついたものの、富山県警は事件発生の2か月後にはCD-Rの存在を知りながら押収までに2年以上を費やしていた。

「夫婦殺害放火事件の犯人は私です」

   「週刊文春編集部様 突然のたよりまことに申し訳ありません」で始まるCD-Rの文書を要約すると、次のような内容になる。

   「殺伐とした事件が多い中、私も2人の人を殺(あや)めてしまった者でございます。4月20日の富山市内の資産家夫婦殺害放火事件の犯人は私です。格差社会の歪みにはまり、憎悪を増幅させてしまった経緯を手記として書き残したいと思います。私が犯人である証拠は同封の遺体の位置を記した略図を富山警察の捜査本部に見せていただければわかっていただけると思います」

   「手記には私に結びつくようなことは一切書きませんが、殺めるに至った経緯については十分な内容だと思います。私はやるべきことをすべてやり遂げたあと、自首するつもりです。(間違いなく死刑となるでしょう)。私の生活は困窮しております。私のやり遂げなければならないことにもお金がかかります。ですから、お買い上げいただくという形をとらせてもらえないでしょうか」

   「モラルに反するということでお買い上げできないことも想定して、これと同じものを週刊現代、週刊ポストにも送りました。金額を吊り上げるものではなく、あくまで希望するものに近い雑誌に送らせてもらいたいと思っています。馬鹿なことをしでかした馬鹿な人間の遺族感情を逆なでする行為ではありますが、歪んでしまったいきさつをどうか知ってもらいたく、このような愚挙に出た次第です」

   週刊ポストと週刊現代にも「同じものを送りました」という記述について、両編集部は取材に対し「そのようなものは確認していない」「おそらく送られてきていない」と話している。

   声明文にはこのほか、自らが被害者の男性と同じ在日韓国人であるかのような虚偽の記述に加え、「手記」の買い取り金額の示し方についても書かれていた。

   文春の記事によると、犯行声明を収めた1枚のCD-Rと遺体の位置を記した略図は10年6月、編集部に届いた。文春側は真偽を確かめるため、富山県警に略図と犯行声明文のコピーを示したところ、その反応は「(略図には)犯人、および警察、消防の一部しか知りえないことが書いてある」。文春は犯人からの次の接触を待ったが、その後は逮捕まで何の連絡もなかった。手記の買い取りについて金額提示はしなかったという。

県警「証拠の押収、遅くはない」

   一方、記事によると、略図のコピーなどを見せられた富山県警はCD-Rの任意提出を文春側に求めたが、匿名ではあるとはいえ「情報源の秘匿」を理由に要請を拒否。犯人の目星すらつかない状況の中、県警はCD-Rという重要証拠の存在を認知してから2年2か月後の12年8月に令状を取って差し押さえに踏み切った。CD-Rを解析する過程で「カノタケシ」の名前が文書作成者としてローマ字で残されていたことが判明し、現職警部補の加野容疑者が捜査線上に急浮上してきたという。

   犯行声明で「手記」の買い取りを文春に持ちかけた当時、加野容疑者はパチンコや風俗遊びなどで消費者金融に200万円以上の借金を抱えていた。

   しかし、夫婦2人が殺害された重大事件の犯人に結びつく重要な証拠入手になぜ、富山県警は2年2か月もの歳月を費やしたのか。この問題に関しては、TBSなども1月9日のニュースなどで「証拠押収に2年超」などと捜査への疑問を投げかけている。

   2007年の長崎市長射殺事件の際は、犯人がテレビ朝日に送っていた犯行予告文を巡って、長崎県警は任意提出を拒まれた後、間をおかずに裁判所の令状によって書面を差し押さえている。

   CD-Rの押収まで2年以上も要したことについて、富山県警刑事企画課は「証拠の押収が遅れたわけではない」とした上で、J-CASTニュースにこう回答した。

   「文春さんは『CD-Rは提出できない』という完全拒否の姿勢ではなかったため、報道機関であることも考慮し、県警としては検討状況を見守っていました。可能であれば(令状による差し押さえではなく)協力を得た上で資料入手するほうが望ましいと考えていました」

   週刊文春側の回答は「記事に書いてあることがすべてでコメントはできない」だった。

   ちなみに富山県警は10年6月、犯行声明のコピーによって週刊ポストと週刊現代にもCD-Rが郵送された可能性を認知していながら、「CD-Rの入手は文春さんに絞っていた」ことから、「ポストと現代さんにCD-Rが送られたかどうかは現在も把握していない」と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中