安倍首相、「ぶら下がり取材」拒否をFBで宣言

印刷

   安倍晋三首相は2013年1月9日、首相官邸などで記者団の質問に立ち止まって答える「ぶら下がり取材」に応じない考えを、自身のフェイスブックへの投稿で明らかにした。

   理由については「世界でこのような対応をしている国はありません」「首脳の発言は重く、国益に対する影響を考えれば、情勢を把握し熟慮したものでばければなりませんし、首脳としてコメントすべきでない事もあります」と記している。

   ぶら下がり取材は小泉首相時代に原則1日2回、首相が質問に答える形で定着したが、東日本大震災の対応を理由に菅首相時代から行われなくなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中