映画主演で俳優復帰の水嶋ヒロ 「KAGEROU」以降何やってたの?

印刷

   小説「KAGEROU」出版以降、表舞台から遠ざかっていた水嶋ヒロさん(28)が、映画「黒執事」主演で俳優復帰することが2013年1月8日にわかった。

   「クリエイティブな仕事を中心に活動する」として所属事務所を退社、小説も出版したが、その後の活動内容はあまり話題になっていなかった。空白の時間はいったい何をしていたのだろうか。

「笑顔になるファンの姿がしっかりと想像できました」

   「黒執事」は漫画家の枢やな(とぼそ・やな)さんの代表作で、正体は悪魔の執事、セバスチャン・ミカエリスが、両親を惨殺され復讐を誓った少年、シエル・ファントムハイヴに仕え、シエルを守るという設定だ。これまでドラマCD、テレビアニメ、ミュージカルにもなった。

   水嶋さんの公式サイトを開くと、黒執事セバスチャンに扮した水嶋さんが登場する。セバスチャンは赤色の目をしているが、水嶋さんの目も赤いカラーコンタクトが入っている。長めの黒髪やあやしげな顔つきも原作に忠実に見え、ビジュアルは申し分ない。

   サイトには水嶋さんとスタッフのコメントも掲載されている。水嶋さんは「僕にはできません」とオファーを何度も断ったが、あまりの熱意に圧倒され最終的には承諾したという。

「また俳優として復帰することがあるなら、良い作品に出演することは勿論、露出の少ない現在でも支え続けてくれているファンが喜ぶものにするべきだと考えていました。この作品に出演することで笑顔になるファンの姿がしっかりと想像できましたし、僕のことを知らない人にもきっと楽しんで頂けると、なにか確信めいたものを感じています」

と、出演を決めた理由を語っている。

   プロデューサーの松橋真三さんは「原作で圧倒的な人気を持つ主人公の黒執事を日本人で演じることのできる人を探すのは至難の業。私はずっと、それができるのは水嶋ヒロしかいない、と思っていました」とオファーの理由を明かす。

   監督の大谷健太郎さんも「この上なく美しくエレガントな執事。しかも悪魔。最高のハマリ役を得た水嶋さんの魅力を、思い切り炸裂させます」と自信満々の様子だ。

「KAGEROU」以降の執筆活動の状況は不明

   水嶋さんは10年9月、所属していた研音を退社した。「表に出るよりも、執筆活動をしていきたい」との思いがあったと見られている。妻のシンガーソングライター・絢香さんは水嶋さんの退社について、「モノ作り(クリエイティブ全般)の仕事を中心に活動する。その中には執筆業だけでなく俳優業なども含む」「今後はどこにも所属せず、夫婦で独立する形で頑張っていくつもりです」と、小倉智昭さんに送ったメールで明かしていた。

   その約1か月後、水嶋さんは処女作「KAGEROU」でポプラ社小説大賞を受賞した。水嶋さんは本名の「齋藤智裕」で応募しており、ポプラ社は受賞まで水嶋さんと知らなかったとしている。賞金2000万円を辞退したことでも話題になったが、インターネット上では「思いつきだけで書いた印象」「『数年間該当なしだった大賞を得た大作』とは思えない」など厳しい評価もあった。

   11年3月からはムック「GLOBAL WORK」の編集長を務めているが、このムックは11年9月に第2号が出て以来、発行されていないようだ。雑誌やテレビCMで見る機会もあったが、12年に入ってからはすっかり影を潜めていた。

   水嶋さんの12年はどのような年だったのだろうか。公式サイトには、11年12月に発足した自身のファンクラブのグッズや、絢香さんのツアーグッズのデザインとプロデュースを行ったと書かれている。12年9月にはファンクラブ会員限定イベントも行った。しかし肝心の執筆業の報告はなく、水嶋さんのツイッターでも特に言及されていない。

   水嶋さんはKAGEROU以降も陰で執筆活動を続けているのだろうか。また、新作の予定はあるのか。ポプラ社の宣伝広報課に問い合わせたところ、そういった話は全く耳に入っていないとのことだった。また、水嶋さんのマネジメントを一部担当するエイベックス・マネジメントにも取材を申し込んだが、回答は得られていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中