長谷川洋三の産業ウォッチ
豊田章男トヨタ社長の感謝:業績回復は多くの人の支えがあったから

印刷
「自動車産業は2008年のリーマンショツク以降、東日本大震災など様々な問題を乗り越えてきたが、これも多くの人の支えがあったからで、感謝の気持ちを大切にしたい」

   日本自動車工業会会長の豊田章男トヨタ自動車社長は2013年1月7日、東京都内のホテルで開いた自動車工業会、自動車部品工業会など自動車4団体共催の新年会でこう強調した。円の対ドル為替相場が円安基調にあることもあって業績回復に自信ある口調となった。自動車業界は完成車メーカーだけでなく多くの部品メーカーと共存する産業だけに中小、零細業者にも気配りする事情もある。

   豊田自工会会長は「自動車業界は、自らが市場を元気にする努力をしている」とも強調したが、有力な経済閣僚も顔をそろえたとあって、「自動車重量税の廃止を求める」と陳情も忘れなかった。会場には安倍首相も駆けつけ「強い経済を取り戻す。経済を成長させて富を分配させ、頑張っている人が報われるような社会をつくりたい」とエールを送ると満員の会場は沸いた。

   自動車団体の新年会に先立って開かれた経済3団体の賀詞交換会では1700人の経済人が詰めかけ、安倍首相は「成長による富の創造」を強調した。久しぶりの自民党政権の誕生とあって期待の高まる経済界の新年会だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中