市原隼人がフジテレビ番組にブツブツ 「自分の発言が編集され意味が違う内容になった」

印刷

   俳優の市原隼人さん(25)が、フジテレビの情報バラエティー番組「ホンマでっか!?TV」に出演後、放送で自分が主張した大事な部分が一切使われず「編集で意味の全く違う物にされた」などとブログで苦情を述べている。

   ネットではこの市原さんのブログの発言に関し、確かに発言がバッサリ切られたような「不自然さがあった」とか、「アホの子キャラの扱いをしたかったのではないか」などと一部で同情が出ている。

「人間の本能は何%くらい関係している(出ている)のだろうか?」

   市原さんが出演したのは2013年1月9日放送の「ホンマでっか!?TV 2時間とちょっとSP」。今回の内容は、多くの有名人が登場して自分の悩みや疑問などを番組のレギュラーコメンテーターにぶつけるというものだった。

   一番最後の質問者として市原さんが登場すると、

「熱すぎる男は、これまでにない予想外の展開を引き起こす!」

というナレーションが流れ、悩みは3つある、という市原さんのしどろもどろな口調の相談が始まった。

   その質問の一つは「人間の本能」についてであり、要約すると、喉がカラカラな複数の男性がいるとして、目の前に少量の水しか無い場合に、お互い譲り合い誰も飲まないといった自制が働くが、やがて耐え切れなくなり誰かが水を口にすることになる。こうした場合に、

「人間の本能は何%くらい関係している(出ている)のだろうか?」

というものだった。

   この質問の最中に、司会の明石家さんまさんが、市原さんの言葉の使い方がおかしいとして、

「何を言ってるの?お前は。ちょっと注射打っておこうか?」

などと突っ込みを入れた。コメンテーターで生物学者の池田清彦さんは、本能は文化や育ちによって表現の仕方が変わってくるもので誰でも100%持って(出して)いる。だから、市原さんの質問は成立しない、と回答した。

   脳科学者の澤口俊之さんは、そもそも「本能」という言葉は死語であり、学者は「生得的(innate)」と呼んでいるとし、本能という言葉を使うと誤解を招く、と切り捨てた。さんまさんは市原さんに対し「解決したんか?」と尋ねると、市原さんは困ったような笑顔で、

「本能はないんですよね!?」

と答えこの質問が終了した。

哲学的に会話した部分は一切使われなかった

   市原さんはこの放送の翌日の13年1月10日付のブログで、放送された番組を見て目が点になったらしく、

「大事な事が消えていて、編集で意味が全く違うものになっている(笑)話したい事を10%も話させてくれず、全く本意じゃない」

と書いた。全く中身のない内容になっていて、哲学的に会話した部分は一切使われなかった、という。

   質問は事前に番組のスタッフと打ち合わせしているのに、本能が実は死語であったことは知らされておらず、それならばもっと違った形の質問ができていたとし、「なんか、寂しいな」と綴った。

   このブログに関してネットの掲示板やブログでは、質問の仕方がしどろもどろになっていたため、大幅にカットされることになる可能性はあるが、編集の仕方は確かに不自然なところがあるし、そんな市原さんを「アホキャラ」として表現したいという意図もあったのではないか、と推測している人もいる。

   市原さんのこのブログには現在450を越えるコメントが寄せられていて、

「イッチーの真剣さを笑われた様な気がして、私も少し悔しいというか残念に思いました」
「違和感に対する悔しさが伝わっていたので、リアルタイムに自分も悔しかった」
「残念ですね。テレビって難しいですね。でもわかってる人は分かってると思いますよ。ブログで言ってくれてよかったです!」

などといった応援メッセージも並んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中