米運輸省、ボーイング787トラブル頻発の原因究明へ

印刷

   中型最新鋭旅客機のボーイング787型機で頻発するトラブルをめぐり、アメリカ運輸省は、設計から組み立てまでの工程に問題がなかったか、包括的な検証作業をおこなう方針だ。現地時間2013年1月11日、ラフード長官が連邦航空局(FAA)のフエルタ長官やボーイング社の幹部らとともに記者会見を開き、明らかにした。

   バッテリーなど電気系統を重点的に調べるという。

   ボーイング787型機をめぐっては、1月7日、ボストン・ローガン国際空港に駐機していた日本航空の機体でバッテリー火災が発生したほか、国内でも燃料漏れやブレーキ故障、窓ガラスのヒビ割れが見つかるなど、トラブルが相次いでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中