冬場の指にタッチパネルが反応しない 「スマホもATMもだめ」いったいなぜ?

印刷

   「スマホは私の指に反応しないし、ATMも反応しない…悲しい…」――。こんな嘆きがネットの一部であがっている。冬場、スマートフォンなどのタッチパネルの画面を触っても反応せず、操作が出来なくなるという人がいるらしい。

   原因については、指先が極度に冷たかったり乾燥したりしているためなど、さまざまな憶測が飛び交っている。

携帯キャリア「原理的にはありうる」

スマホが指での操作に反応しない?
スマホが指での操作に反応しない?

   スマホに指が反応しないことが実際にあるのか。国内の主要キャリア3社にJ-CASTニュースが話をきくと、すべてから「そういった問い合わせはあまりない」という回答を得た。あるキャリアは「社内では聞きなれない話」としつつも、「静電容量式であることが関係している可能性はある」と話した。別のキャリアも「(タッチパネルの)原理的には(指先の)乾燥で反応しないことはありうる」と認めた一方で、「そういったタッチパネルの感度の問題は日々改善されている」と強調した。

   ほとんどのスマートフォンやタブレット端末、ゲーム端末のタッチパネルでは、静電容量式という方式が採用されている。タッチパネル上に微弱な電気を流すことで電気の膜となる電界を作る。指などの電気を通す物体でタッチされると、電界から電気が放電し、電気容量が変化する。これを感知して、タッチされた点などを特定する仕組みだ。そのため、冬場、指先が乾燥すると電気が通りにくくなり、スマホが反応しなくなる、ということが原理的には考えられるという。

「iPodのtouch画面に反応悪い私の指先。指先スリスリしてからタッチすればなんとか」
「画面をタッチしても反応しない。たまに指を舐めてしまう。おばちゃんやん(笑)新聞じゃないんだから」

   ネットには、こういった実際に「反応しない」という声も複数見られる。対策としては、乾燥を抑えればいいので、指先をすこし湿らせる、ハンドクリームなどを塗るなどすればよいようだ。

銀行ATM「反応しない」は原因違う?

   また、タッチパネル式を導入している銀行等のATMについても、「反応しにくくて何度も押さなければならなく、困る」といった内容の投稿が、インターネットのQ&Aサイトに、冬場になると毎年のように投稿されている。

   国内一のATMシェアを持つ日立オムロンは、冬場に押し間違いや認識されないことがある原因について、「冬場は長い袖のコートを着ていたり、持ち物が多かったりするためだと思います」話した。最近のATMのほとんどは、タッチパネルに、「光学式」を採用している。画面表面付近の赤外線を指でさえぎることによって位置を検出するもので、「静電容量式」の場合と異なり、指先の乾燥は基本的には関係がない。ただし、袖が触れたり、荷物を画面においたりして赤外線をさえぎってしまうと、指での操作に反応しなくなる可能性があるという。

   ただ、昔のATMではスマホと同じ静電容量式のタッチパネルを利用していたため、古いものならば、指先の乾燥が原因で反応しないということも考えられるそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中