「まぁ、しょうがねえか」 石原氏が「大阪都」の名称を了承

印刷

   日本維新の会の石原慎太郎代表が、これまで反対を続けてきた「大阪都」の名称使用を了承したことが明らかになった。松井一郎幹事長(大阪府知事)が2013年1月16日の記者会見で明らかにした。1月13日に石原氏と橋下徹代表代行(大阪市長)、松井氏らが京都市内で会談した席で、

「ぜひ『大阪都』でやりたい」(松井氏)
「名前が大事」(橋下氏)

などと説得したところ、石原氏が

「まぁ、しょうがねえか」

と折れたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中