スカイツリーからの落雪で民家の屋根破損か

印刷

   東京スカイツリー(東京・墨田区)を運営する東武タワースカイツリーは2013年1月16日、ツリーからの落雪で近くの住宅の屋根が破損した可能性があり、修繕費を負担したと発表した。

   破損があったのはツリー南側約100メートルの一戸建て住宅で、住人から巡回中の警備員に「落雪でベランダの屋根が壊れた」との申し出があった。確認するとアクリル製の屋根に約30センチの穴が開いており、ベランダには直径5センチほどの氷の塊が落ちていたという。

   スカイツリーでは建築中の12年冬にも、民家の屋根が破損したりガラスが割れたりといった、落雪が原因とされる被害が4件報告されており、今冬は監視カメラの増設や警備員の増強などの対策をしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中