若い人は「ローリング・ストーンズ」知らない? サントリー、「ストーンズバー」シリーズ打ち止めへ

印刷

   人気英バンド、ローリング・ストーンズをイメージしたサントリーのアルコール飲料シリーズ「ストーンズバー」が打ち止めになることをめぐり、ネットで議論が起こっている。

   若い世代を対象にした飲料だったが、「若い人はローリングストーンズなど知らない」という指摘が出た。一方で、ファンからは「悲しい」などと惜しむ声も出ている。

若い世代は「サティスファクション」知らない?

打ち止めになった「ストーンズバー」シリーズ
打ち止めになった「ストーンズバー」シリーズ

   ローリング・ストーンズはロック草創期の1960年代前半から現在まで半世紀近く1度も解散することなく第一線で創作を続ける、ロックの代名詞的な存在だ。「サティスファクション」など多数のヒット曲がある。「バンド50周年を記念し、サントリーでは2012年3月からローリング・ストーンズのシンボルである「ベロマーク」こと「リップス・アンド・タン」をあしらった新アルコール飲料「ストーンズバー」を展開していた。栄養ドリンク風味のカクテルで、20代から30代前半の若い世代に向けて開発した。

   ところが、サントリーは2013年1月17日、シリーズの全3製品について、「終売」と公表した。16日付の産経新聞(電子版)では「ローリングストーンズって誰? サントリーの誤算」と見出しを打ち、原因を若い人がローリングストーンズを知らなかったため販売が目標数に達しなかったのではないかと分析した。

   ネットでも、「20-30代狙いでストーンズは確かに好きでないと知らんかもなぁ」「ストーンズ世代はせいぜい57~8ぐらいまで。若いやつらにわかるはずがない。カラオケでストーンズ歌える激烈ファンは定年退職の世代」などと、世代のズレを指摘する人が多い。実際、比較的高い年齢層を対象とした同シリーズのウィスキーは50万円と言う高額にも関わらず、完売したという。

「ベロマーク」の認知度は高かった

   ただ、若い人がローリング・ストーンズを知らないというデータ自体は発売前から把握していた、とサントリー広報は2013年1月16日、J-CASTニュースに話した。一方で、バンドのシンボルでもある「ベロマーク」に関しては「なんか(テンションが)アガるよね」などと認知度が高かった。そのため、「日本の閉塞感を打ち破り、チャレンジングな気持ちになれるような酒類」というコンセプトで、飲料としては珍しいベロマークをあしらった「挑戦的」な製品を打ち出したのだという。

   その上で、

「目標数を出してはいたが、数を追っていたわけではない。コンセプト自体は受け入れられて、一定の役割を果たしたということ」

とシリーズが「打ち止め」の格好になる背景を説明した。

「結構好きだったけどな」
「うぬー悲しい(´・ω・`) 成人だったら買い込んで毎晩飲んでたろうな笑」
「嘆かわしすぎる・・・ ストーンズだぞ!?「誰?」じゃねぇえんだよ!!」

   こんなファンの嘆きの声も、一部では見られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中