就活「都市伝説」の意外な盲点 「職なし既卒者」は有利だった

印刷

   「秋卒業より春卒業が有利」「内定があるより、ないほうが有利」「キラキラネームは就職に不利」。こういった就活の「都市伝説」を、気にしている就活生もいるはず。

   しかし、根拠のはっきりしない思い込みが、盲点になるかもしれないようなのだ。

「内定なしが有利」と答えた採用関係者は、24.6%

就活で「職なし既卒者は有利」なことがわかった(写真はイメージ)
就活で「職なし既卒者は有利」なことがわかった(写真はイメージ)

   インターネット保険のライフネット生命保険が新卒採用関係者への意識調査を実施、その結果を2013年1月15日に発表した。

   調査では、卒業はしたものの就活を続けている既卒者(1年目)と、短いながらも業務に就いたことのある第二新卒(1社目を1年未満で退職)のどちらが有利か、聞いた。

   それなら、第二新卒の方が有利――。こう考える人はいるだろうか。ところが、採用関係者で「第二新卒が有利」と答えたのは2.8%。なんと、38.3%が「既卒者が有利」と答えたのだ。

   調査によると、採用担当者の悩みの64%が「早期離職などのミスマッチ」という。それだけに、採用してもすぐに辞めてしまった学生への目は厳しいということのようなのだ。

   また、就活生からは、「多くの内定をもらっている人と内定ゼロの人との二極化がある」との声を聞くが、採用担当者は内定の獲得状況をどうみているのだろう――。

   この点についても、内定の多い人の方が優秀だからと、思い込んではいけない。調査では、「他社の内定を保留中の学生が有利」とするのは6.2%、「他社の内定なしが有利」は24.6%と、他社の内定を得ていない学生が有利に扱われる傾向が見受けられたという。

「キラキラネーム」あまり差はなく

   一方で、思い込みほどに差がないこともある。

   一見して読めないような、いわゆる「キラキラネーム」は、不利と考えるかもしれない。しかし、採用関係者が「古風な名前が有利」と答えたのは、14.5%で、これは82.2%が「まったく差はない」としているのだ。もっとも、「有利」との答えはわずか3.3%だった。

   男女雇用機会均等法が施行されて久しいが、「採用時に男女のいずれかを優先的に採用しているのではないか」と不安に感じることがあるかもしれない。調査では、「両者にまったく差はない」と答えた採用担当者は52.7%だった。ただ、「男性が有利」との答えも37.0%いた。「女性が有利」は10.3%だった。

   就活生がよく悩んでいる、手書きの履歴書とパソコンで作成した履歴書のどちらが有利なのか、を聞いたところ、68.3%が「両者にまったく差はない」と答えた。一方、「手書き」と答えたのが、28.7%あった。「パソコン」は3.0%。多いとは言えないものの、手書きの履歴書を有利に扱う会社はあるらしい。

   男女差や履歴書については、会社の特性なども関係がありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中