長谷川洋三の産業ウォッチ 
GM・CEOの戦略:台数でなく、利益でトップを目指す

印刷
「世界一になることはわれわれのゴールではない」

   米ゼネラルモーターズ(GM)のダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)は2013年1月14日、米デトロイトで開いた北米国際自動車ショーで「これからも1位をめざすのか」と質問した私にこう答えた。

   GMの2012年の世界新車販売は前年比3%増の920万台で970万台のトヨタ自動車を下回り、2011年の1位から2位に後退した。メディア各社の関心はGMのナンバーワン復帰戦略に集中したが、アカーソンCEOは「我々の目的は販売でトップになることではない。利益でトップを目指す」と強調した。

フォルクスワーゲン社長「2018年までには世界一」

   数量よりも財務体質の改善を優先することは米連邦破産法申請後のGMの戦略の特徴で、販売量で世界一にこだわったワゴナー時代とは対照的な発言となった。

   一方、2012年の世界販売907万台と初の900万台乗せをしたドイツのフォルクスワーゲン(VW)のヴィンターコーン社長は13日、「トヨタを抜くことができるか」との私の質問に「2018年までにはたぶん可能だろう」と闘志を露わにした。VWは欧州危機にもかかわらず2012年の世界販売は中国などが好調で前年比11%増と健闘し、2011年から現地生産を再開した米国では販売台数が過去最高を更新した。2013年については「チャレンジングな年になる」とやや慎重だったが、グループ傘下の高級車のアウディが好調なこともあって先行きには強気だ。

   こうした中でトヨタ自動車は豊田章男社長に代わって内山田竹志副会長が出席した。ただ世界一争いには言及せず「米国市場が回復していることはトヨタにとっても良いことだ。グループの将来戦略はこれから練り直して行く」と語るにとどまった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中