ランドマークの大ケヤキ伐採 原発事故も影響【福島・いわき発】

印刷
news_p162030_1.JPG

   いわき市の中心市街地への行き帰りに国道6号を利用する。平・塩地内の道路沿いに大きなケヤキがあった。通勤・通学生には一種のランドマークになっていた。そのケヤキが、年が明けるとすぐ伐採され、丈の低い常緑樹だけになった(=写真)。


   所有者の知人の話では、年末に伐採の予定だった。が、業者がやって来たのは年の瀬も押し詰まってから。いくらなんでも遅すぎるので、作業は年明けに延期された。


   日曜日(1月6日)昼前、知人の家の前を通ったら、作業員が大ケヤキの周りにいる。業者にとっては、それが"仕事始め"でもあったか。次の日に通ったら、大ケヤキは切断されて片隅に横たわっていた。


   知人の話だと、大ケヤキは推定樹齢140年。明治維新から間もないころに植えられたらしい。2本あったが、1本は台風で折れ、目の前の国道に倒れた。さいわい車や人間に被害はなかった。その二の舞を恐れた。原発事故も影響した。


   落葉樹は、3月にはまだ枝や幹をさらしたままだ。そこに濃淡はあるが、放射性物質が付着した。雨が降れば、雨とともに放射性物質が幹を伝って根っこに集まる。根っこの線量は時間がたつごとに高くなる。


   大ケヤキが「風景画」の中のワンポイントとして存在感を示していたのは「帰路」だ。特に夏場、車道に面した家並みの間に大きな緑のかたまりが見えてくる。直近では、写真の中を横切っている電線ほどの高さがあった。


   「塩の大ケヤキ」があるからこそ、その「風景画」は締まって見えた。緑の美しい大木だった。しばらくは喪失感が続きそうだ。(きょうはこれから磐城共立病院へ行く。診断によっては入院もあり、らしい)

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中