試験抜け出した受験生が予備校関係者に問題渡す 「これは事件にならないのか」との疑問も

印刷

   大学入試センター試験が行われた2013年1月19日、長崎市の試験会場から19歳の女性受験生が試験中に問題冊子を持って外出し、自身が通う予備校の関係者に渡していたことが分かった。

   試験官は、問題用紙をどこにやったか問いただしたが、女性は答えず、長崎県警に通報する事態になった。女性は「試験失格」になったものの、関係した予備校などは不問となった。県警が事件ではないと判断したためだが、その判断に疑問も出ている。

誰に渡したのかに口をつぐんだままのため通報

   大学入試センターは今回の「事件」について2013年1月20日に長崎と東京で記者会見を行った。それによれば、試験会場となった活水女子大で地歴・公民の2科目試験が午前9時半から行われた際、1人の女性受験者が午前10時頃になって教室からの退出を申し出た。体調が悪くなりトイレに行くものだと思った試験官は許可し、係員を同行させたが、女性が「もう大丈夫」と言ったため1人にした。女性が席を離れてから15分後、試験会場に戻ってこないことを心配し机を見たところ、地歴・公民の問題用紙がないことに気がついた。

   席を離れてから約20分後、1階の自習室でその女性は見つかった。問題用紙を持っていなかったため、どうしたのか聞いたが、女性は答えず、事件の可能性があるとして長崎県警に通報した。社会を一科目だけ受ける受験生の試験開始は10時40分のため、もしも問題が流出すると不正が行われる心配があるからだ。

   女性は県警と大学の調べに対し、問題用紙は大学の入り口にいる自身が通う予備校関係者に頼まれ手渡したと証言した。また、本人はセンター試験とは関係のない大学に合格していて、センター試験は試しに受けてみたのだという。予備校の関係者は問題用紙を受け取ったことを認めたが、

「早く入手して模範解答を作りたかったが、不正をしてまで持ち出すことは頼んでいない」

と語ったという。この問題用紙は19日夜に県警に返却されたという。

試験中の問題冊子の持ち出しは禁じられている

   試験が行われた活水女子大に話を聞いてみたところ、初めは事件性があると思い県警に連絡したが、受験要領で試験中の問題冊子の持ち出しは禁じられているものの、県警の調べでは問題が外部に流出した可能性はなく、事件性は低いという判断だったため、この女性を失格にして、それ以外は不問に付す事になったという。

   また、試験会場の入り口付近に予備校関係者がいるのはよくあることで、のぼり旗などを持って試験が終了するまで応援していたりする。また、今回の2科目と1科目のそれぞれの受験生は別の通路を通るようにするなど接触できないようにしていた。さらに、問題用紙が持ち出された時間は、既に1科目試験の受験生は会場に入っているため、問題が漏れるということは考えられなかった。

「全ては監督業務を怠った大学側に責任があり、二度とこんな重大なミスを犯さないように取り組みを強化していきたい」

などと平謝り状態だった。

   ただしネットでは、この女性受験生と予備校の今回の言い訳があまりにも不自然なものが多すぎる、などと疑問が噴出している。問題用紙を女性から受け取った際に、なぜ直ぐに返却しなかった、といったものだ。

「バイトで試験会場に送り込まれたとしか考えられない」

といった見方もある。この予備校がどこなのかは、会見では一切語られなかったが、ネットでは予備校割り出しの動きも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中