元俳優・黒田勇樹が離婚調停へ 夫婦どちらがDVなのかドロ沼

印刷

   元俳優でハイパーメディアフリーターを名乗った黒田勇樹さん(30)が、家庭内暴力(DV)を巡って、妻で歌手の中村瑠衣さん(26)との離婚調停に臨むことが分かった。ともにDVがあったと主張しており、ドロ沼化の様相を呈している。

   もともとは、中村瑠衣さんが2012年8月30日に黒田勇樹さんのツイッターに書き込んだのが騒動の始まりだった。勇樹さんに頭を何度も踏みつけられ、脳しんとうを起こしたとして、青あざができたような写真付きで訴えたのだ。

妻で歌手の中村瑠衣さんとツイッターで応酬

勇樹さんはブログで訴え
勇樹さんはブログで訴え

   この意表を突く書き込みは、ネット上で途端に話題になった。

   これに対し、勇樹さんもすかさずツイッターで瑠衣さんに反撃し、殴っていたことは認めたものの、同じように殴られたと明かした。また、包丁で手首を切られたと写真付きで暴露し、瑠衣さんは警察にこう留されたとした。これに対し、瑠衣さんも自らのツイッターで釈明し、「包丁に関しては嘘」と反論した。

   こうしたやり取りは、NAVERまとめで「壮絶なネット夫婦喧嘩が開始」などと紹介された。日刊スポーツも翌31日、夫婦が1か月半前に結婚しながらも、すでに離婚危機にあるとこの騒ぎを報じた。

   2人はこのときに離婚の話を始め、その後は別居生活を送っていた。そして、同じ日刊スポーツが13年1月21日、瑠衣さんがDVなどを理由に、今度は東京家裁に離婚調停を申し立てたと報じた。それによると、第1回の調停は2月12日に行われ、夫婦関係調整と婚姻費用分担の2点で争う。さらに、頭を踏まれて脳しんとうを起こした暴行については、1月12日に警視庁へ被害届を出したというのだ。

   一方、勇樹さんは記事の出た日、自らのブログで再び反撃に出た。

   瑠衣さん側の弁護士との話し合いで、調停を円滑に進めるためなどから、マスコミ取材にはお互いに応じない取り決めになっていたとして、こう訴えた。

「浮気」きっかけに夫婦ゲンカ始まる

「妻と息子を守るためこの半年間クチを閉ざしてきましたがさすがにこの『いともたやすく行われるえげつない行為』に対してクチを閉ざしているわけにはいられません」

   さらに、黒田勇樹さんはブログで、「今後は彼女からこちらへ行われた暴力、また彼女の抱える精神障害、病歴、前科を徹底的に明らかにし自身、及び周辺の方々の名誉を守っていくことを決意いたしました」と書き込んでいる。

   日刊スポーツの報道について、中村瑠衣さん側に取材すると、所属事務所ゼルプロダクションのマネージャーは、離婚調停申し立てや被害届提出について「事実であることに間違いないです」と認めた。

   勇樹さんが取り決めを守らなかったとしていることについては、「マスコミの取材に応じないとは言っていません」と取り決めそのものがなかったとの認識を示した。

   マネージャーによると、2人は結婚の1年前に同せいをしていたとき、勇樹さんに浮気があったなどとケンカが始まるようになった。ケンカでは、瑠衣さんが先に殴ったり叩いたりしたことがあったが、勇樹さんも反撃してきたという。2012年8月ごろには、3、4回暴力を振るわれて我慢できなくなり、勇樹さんのファン向けに言おうとツイッターに書き込んだ。そのことについては、「やり過ぎた」と本人は反省しているとしている。

   瑠衣さんは、離婚を切り出した後に悩んでいたが、「同じことの繰り返しになる」とこの年9月末に離婚の意思を固めた。年末に勇樹さんからメールがあったが、はぐらかされたと感じたため、弁護士に任せることにしたそうだ。

   勇樹さんのブログについては、マネージャーは「本人は、終わったことと思っており、応戦するつもりはないです。冷静になって調停を進めるだけだと思っています」とした。なお、精神が不安定になることはあったものの、精神障害ではなく、今後の芸能活動には支障がないと言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中