1月の景気判断「一部に下げ止まりの兆し」、8か月ぶりに上方修正

印刷

   政府は2013年1月の月例経済報告で、景気の基調判断を「弱い動きとなっているが、一部に下げ止まりの兆しもみられる」に変更し、12年5月以来、8か月ぶりに上方修正した。甘利明経済財政・再生相が1月23日に関係閣僚会議に報告した。前月までは「このところ弱い動きとなっている」だった。

   自動車販売の下げ止まりに加えて世界景気の減速懸念の後退や、足元の円高修正の動きや株高などで業況判断にも明るい兆しがでてきた。

   項目別では、個人消費を前月までの「横ばい」から「底堅い動き」へ、生産は「減少している」との表現から「下げ止まりの兆しがみられる」へ、それぞれ判断を引き上げた。上方修正は2か月連続。業況判断は1年3か月ぶりに上方修正し、「一部に改善の兆しもみられる」との見方を示した。

   世界経済についても、「弱い回復が続いているものの、底堅さもみられる」へ2か月ぶりに判断を引き上げた。

   景気の先行きは「当面弱さが残る」と慎重な見方を維持したものの、新たに円安の進行や海外経済の持ち直しで輸出環境が改善している点を指摘。政府が打ち出した経済対策の効果も見込んで、今後は「再び景気回復に向かうことが期待される」とした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中