ファン半狂乱「ともー!やめないで!」 板野「卒業」本人は笑顔太陽晴れ

印刷
「AKB48について、今、緊急の情報が入りました」

   上ずった声でスタッフが駆け込んで来た。2013年2月1日、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ」で行われたドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」初回舞台あいさつの10分前だ。

「なんだ?」
「もしかして、坊主刈りにした峯岸みなみが来るとか……」

   取材に訪れていた100人近い報道陣が首をかしげるところに、1枚のペーパーが配られた。

「本編映像の中で、AKB48チームK板野友美がグループを卒業することになった旨、発表しておりますことをご報告申し上げます」

「なんでともが卒業なんだよ……!」

晴れ晴れとした表情で、ファンに卒業を報告した板野友美さん
晴れ晴れとした表情で、ファンに卒業を報告した板野友美さん

   「板野卒業!?」たちまち記者たちは大慌てに。我先に会社に電話をかけ始める。詳細を尋ねられたスタッフも、

「トップシークレットだったもので……私たちもなんとも……」

   卒業は、同映画の中で板野さんが卒業の意向を明らかにする形で明らかにされた。試写会などではそのシーンはカットされていた模様で、この日の初回上映が、文字通りの「初発表」となった。

   舞台あいさつは、初回上映が終わったばかりのTOHOシネマズで行われた。会場にはまだ観客が残ったまま。映画の中で突然の発表を知って戸惑う様子のファンたちがいた。

「いだの~、どういうことだよ……!」

   1人の若い男性ファンが、嗚咽交じりに喚いている。

「普通に感動してたのに……なんでともが卒業なんだよ……!」

   舞台あいさつの進行予定も急遽変更され、まず板野さんが1人でステージに上がってきた。少し声はうるんでいたが、その表情は晴れ晴れとしたものだった。

「AKBは夢を叶えるための場所なので、(ブレイクしてからは)卒業はずっと考えていました。本当は春のコンサートで発表するつもりだったんですが、インタビューを受けているうちに卒業という気持ちが強くなってきて。秋元(康)先生も、『本音で言ってしまったというのが板野らしいんじゃない』と」

後輩の「先輩を超える」発言にうなずく

   続いて舞台に上がってきたメンバーたちも、多くは以前から板野さんから話を聞いていたとのことで、それほどの動揺の色はなく、

「正直寂しいですが、彼女の決断ですから背中を押してあげたい」(高橋みなみさん)
「勇気のある決断。かっこいい」(小嶋陽菜さん)
「残されたメンバーとして、AKBはAKBとしてがんばらないと」(篠田麻里子さん)

と、板野さんへのエールに終始した。板野さんは落ち着いた様子で聞いていたが、この日のメンバーで最年少・15歳の加藤玲奈さんが

「先輩たちを抜かすつもりで頑張りたい」

と話すと、満足そうに頷いていた。

   舞台挨拶の最後、コメントを求められた板野さんは、

「私の最後の発表も是非見ていただきたいんですけれども、この映画ではすごくメンバーも泣いてるので、みなさんもいっぱい泣いてください。私たちと一緒に、涙の後の未来を一緒に見ましょう」

と晴れやかな笑顔でPR。観客席では先ほどのファンが、「やだ~! やめないで~!」と地団駄踏みながら叫んでいたが、動じる様子もなく手を振りながらステージを後にした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中