車の「ダウンサイジング化」に異変 新型クラウンを始め、中・大型に勢い

印刷

   リーマンショック以降、自動車の世界では「ダウンサイジング」という言葉が盛んに使われるようになった。売れ筋がコンパクトカーや軽自動車へ移っていくことを示す言葉で、実際、2012年の新車販売に占める軽自動車の割合は36・8%にまで上昇した。

   ただ、小さい車が勢力を広げる一方で、200万円を超える中型車、大型車にも勢いのある商品が出てきている。ディーラーからは「小さい車に飽き足らないユーザー層は確実にいる。大きい車でもインパクトのある技術を盛り込んだ商品は売れる」という声が聞かれる。

マツダのCX-5とアテンザも当初予定を上回る

トヨタの新型クラウン
トヨタの新型クラウン

   トヨタ自動車が2012年末に発表した新型クラウンは1月15日までに1万9千台の受注を獲得した。当面の販売目標を引き上げるなど、勢いづいている。特徴は従来のイメージを覆す大胆な外観デザインと、ハイブリッド(HV)だ。

   この2つを武器に輸入車へと流れる一方だったユーザーを取り戻すことを目指している。新年早々の発表会では「ベンツやBMWオーナーも来店している。これまでになく関心は高い」と首都圏のディーラーは話す。

   マツダのCX-5とアテンザはディーゼルエンジンを売りにする。いずれも当初予定を上回る売れ行きとなり、デミオがコンパクトカー戦線で苦戦するなかで新たな収益の支えになっている。ディーラーは燃費以上に、トルクの太さを活かした力強い加速がユーザーの支持につながった、と見ている。

スバルのフォレスターも月販目標の4倍

   ディーゼルモデルはBMWの3シリーズなどでも人気が高まっており、以前の悪いイメージから転じて新たなアピール技術として見直されつつある。

   三菱自動車が12年末に発表したプラグインHV、アウトランダーPHEVは好調な出足となった。発表直前にリコールの不適切な対応が発覚し報道発表会を中止したが、事前予約と合わせて想定以上の注文が集まった。ディーラーは「自信をもって勧められる商品。反響がここまで大きいとは」と驚く。三菱ユーザーのほか、輸入車ユーザーの乗り換えもあるという。

   また、スバルのフォレスターも11月の発売から1カ月で8千台を超える受注を集めた。月販目標2千台の4倍に当たる。

パワートレーンの効率性がカギ

   これらのヒット車種に共通するのは、パワートレーン(動力と伝達系)の目に見える進化だ。クラウンHVは旧型の高額なパワー系から、燃費・パワー・コストをバランスさせたモデルに生まれ変わった。マツダのディーゼルや三菱の純粋電気自動車(EV)とHVを組み合わせたPHEVも次代を担う原動機として開発された。スバルも直噴やCVTを新型車のパワートレーンに順次採用している。

   メルセデス・ベンツEクラスやBMW5シリーズのボンネットの下に収まるのは今や4気筒エンジンである。このことにも象徴されるように、昔ながらの大排気量の中型車、大型車が生き残るのは難しくなった。ただし、パワートレーンの効率性と運転の面白みが両立すれば、車体サイズが大きくてもユーザーに受け入れられる余地はあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中