長谷川洋三の産業ウォッチ
JR東日本冨田社長の危惧:日本の鉄道がガラパゴス化している

印刷
「日本の鉄道技術には必ずしも世界一でないところもある。無線による列車制御システムなどは欧州の方が進んでいる。我々としては単に技術競争をするだけでなく、長所をいかしつつ、海外メーカーとも協力して行きたい」

   JR東日本の冨田哲郎社長は2013年1月23日、日本記者クラブで日本の新幹線の国際競争力について質問した私にこう答えた。冨田社長は「日本の鉄道がガラパゴス化していることを心配している」と国際競争の上で問題があることを認め、「世界に延びる気概を持って内向き文化を外向きに変える必要がある」と指摘した。

期待した米国市場でも成果が出ていない

   JR東日本では東日本大震災を第二の出発点として、技術革新や新事業領域への挑戦などを柱とした2020年までの中期計画をまとめた。その中で世界の鉄道市場は年率2・5%程度成長し、2020年には22兆円に拡大すると試算、海外の鉄道プロジェクトへ積極的に参画することを打ち出した。とりわけアジア大洋州市場では6兆3000億円を見込んでいるが、中国では独自の新幹線計画を打ち出し、ほかの市場でも欧州や韓国メーカーとの競合が激しい。期待した米国市場でも成果が出ていない。「世界一の新幹線」で世界にアピールしたJRもようやく国際市場の現実に気が付き、オープンイノベーションに舵を切ろうとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中