市川團十郎さん死去 海老蔵「大きな愛のある人でした」

印刷

   歌舞伎俳優の市川團十郎(いちかわ・だんじゅうろう、本名=堀越夏雄)さんが2013年2月3日、肺炎のため都内の病院で死去した。66歳だった。

   團十郎さんは1946年、11代目市川團十郎の長男として生まれた。85年に團十郎を襲名したのち、日本俳優協会理事、伝統歌舞伎保存会理事、文化審議会委員を歴任したが、2004年に白血病を発症してから療養と復帰を繰り返していた。

   2月4日には遺体が安置された都内の自宅に多くの歌舞伎関係者らが弔問に訪れた。長男の海老蔵さんによると、團十郎さんは肺炎の兆候があるとして療養中だったが、1月半ばから容体が悪化し、3日夜は家族で最期を看取ったという。海老蔵さんは目を潤ませながら、「大きな愛のある人でした」と父をしのんだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中