徳田国交政務官、不可解な突然の辞任 週刊誌に女性問題をスクープされた?

印刷

   自民党の徳田毅国土交通・復興政務官が女性問題をめぐるトラブルが原因で辞表を提出、2013年2月4日に受理された。政務三役の辞任は安倍内閣が発足して初めて。

   同日の記者会見で菅義偉官房長官は「一身上の都合により、辞任の申し出がありました」と述べたが、理由については「相手との関係で明らかにできないとのことだった」と話すだけだった。政府は後任人事を急いでいる。

辞任の詳細な理由については明かさず

   それにしても突然の辞任だ。徳田氏が国土交通・復興政務官を任命されたのは12年12月27日。わずか1か月余り、しかも女性問題が理由というのだから、安倍政権にとっては痛手だ。

   徳田氏は、2013年2月3日夜に菅義偉官房長官や太田昭宏国土交通相に対して、「迷惑をかけては申し訳ない」と、政務官を辞任する意向を伝えた。ただ、辞任の詳細な理由については、太田国交相も「直接(説明を)受けていない」という。根本匠復興相にも知らしていないようだ。

   とはいえ、「女性問題」といわれて、「そんな話、あった」と、不思議に思った人は少なくないだろう。

   いったい、女性とどのようなトラブルがあったのか、はまったく不明で、せいぜいフジテレビが「過去の女性問題」と限定し、「徳田政務官をめぐっては、国会議員になる前の女性問題を報じる動きが、一部で出ていた」と報じているだけだ。

   そうなると、突然の辞任はあまりに不可解だ。

週刊新潮か文春がなにかを嗅ぎつけた?

   ただ、週の前半発売の週刊誌、現代やポストには徳田氏の名前すら出ていなかった。

   そこで気になるのが木曜日発売の週刊誌。新潮か文春がなにかを嗅ぎつけて、大きくぶち上げている可能性は強い。

   徳田毅氏は衆議院鹿児島2区選出。2005年に無所属で初当選し、当選3回。自民党には06年に入党した。父は元自由連合代表で、医療法人・徳洲会の理事長を務める徳田虎雄元衆議院議員。ある新聞記者によると、「二世議員にありがちな、脇の甘いタイプ。(女性関係も)いろいろあったようですよ」と話す。

   これまでも、女性問題で要職を辞任した議員は枚挙に暇がないが、徳田氏はいわば、事態が大きくならないように、自ら事前に火を消そうとしたわけだ。それだけに、かえってどのようなスキャンダルが飛び出すのか、気になるところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中