週刊新潮に徳田前政務官の記事 未成年女性酔わせて性行為、1000万円で和解

印刷

   自民党の徳田毅国交・復興前政務官(41)の辞任の原因となったスキャンダル記事が「週刊新潮」2013年2月14日号(首都圏では2月6日発売)に掲載された。記事では、徳田氏が04年2月、当時19歳の女性に酒を大量に飲ませ、抵抗できなくなった状態で性行為に及んだと指摘している。07年になって女性は慰謝料を求めて提訴。徳田氏は「あくまで合意の上」などと主張したが、女性と、女性が当時交際していた男性にそれぞれ500万円ずつ支払って和解したとされる。

   徳田氏は政務官辞任の際にブログで謝罪コメントを発表しているが、

「問題の内容につきましては、相手の方との関係から私から何も申し上げることができないこととなっており、詳細については控えさせていただきます」

とスキャンダルの内容についてはコメントを避けている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中