PM2.5問題で中国に「高い関心」伝える 菅官房長官

印刷
会見する菅義偉官房長官
会見する菅義偉官房長官

   微小粒子状物質「PM2.5」が中国から日本に飛来している問題で、菅義偉官房長官は2013年8日午後の定例会見で、外務省から中国側に対して「日本として高い関心を持っている」と伝えたことを明らかにした。あわせて、春節(旧正月)明けにも日中で協議し、問題解決に向けた協力体制について検討する。

   それ以外にも、環境省と外務省が連携して、「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク」(EANET)を活用したPM2.5の観測網の充実を呼びかける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中