「浪人状態」の松坂、背水のファーム契約 合意に至った3つのポイントとは?

印刷

   すっかり影を潜めていた松坂大輔が2013年2月10日、クリーブランド・インディアンスとマイナー契約で合意した、と米国のメディアが一斉に報じた。プライドをかなぐり捨てての再出発の決め手は何だったのか。

キャンプイン寸前にインディアンス入り決まる

   松坂は日米の複数球団から誘われていた。日本で熱心だったのはDeNA。地元の横浜高出身ということもあり、高額条件を考えていたようだ。大リーグではニューヨーク・メッツ、フロリダ・マーリンズらも名乗りを挙げていた。

   インディアンスとの契約で明らかにされているのは、メジャーに昇格したときの条件。その場合、年俸150万ドル(約1億4000万円)となる。さらに投球イニングや先発登板回数をクリアすれば、出来高払いとして250万ドル(約2億3000万円)が上乗せされるというものだ。

   ボストン・レッドソックス時代の11年6月に右ひじを手術。昨年カムバックしたものの、惨めなピッチングに終わり、6年契約の終了とともに浪人状態となった。大リーグ復活を目標に、今年に入って1月下旬からロサンゼルスでトレーニングをしている。

   インディアンスのキャンプには「招待選手」として参加する。ファーム契約の選手としては好待遇であることが分かる。

   今回の契約には3つのポイントがある。

   第1はインディアンスのテリー・フランコーナ監督がレッドソックス時代の監督だったことだ。07年にワールドシリーズを制したとき、松坂は15勝を挙げ、フランコーナ監督を男にした。「ティート」(フランコーナの愛称)「ダイスケ」と呼び合うほど親しい。

   インディアンスは昨年、68勝94敗でア・リーグ中地区4位。投手陣が弱く、今シーズンも先発5人のうち3人までしかメドが立っていない。4、5番目をつくることが急務となっている。そこでキャンプインぎりぎりの時点で松坂取りに勝った。

   第2は契約条件の中身。メジャー昇格の契約変更とともに、家族とのことがあった。松坂の自宅はボストンにある。クリーブランドから遠征でボストンに行ったとき、自宅から球場へ通ってよい、という内容が含まれているという。

   通常、遠征先では指定されたホテルでの宿泊となる。それを帰宅OKとするのは特別待遇といっていい。家族と会えるのはボストンだけだから、松坂にとってこの条件は大きい。

イチローと再戦するためにア・リーグを選択

   松坂の意地を示したのが第3の理由。イチロー(ニューヨーク・ヤンキース)との再戦だ。昨年の10月、ヤンキース戦に先発したとき、わずか2回3分の1、5失点でノックアウト。これでレッドソックスは「再契約はしない」と決断した。

   その後、松坂は「イチローさんと対戦するために、もう一度、(メジャーに)帰ってくる」と決意を表した。だから同じア・リーグを選んだ。

   イチローはシアトル・マリナーズから昨シーズン中にトレードで移り、終盤に大活躍して地区優勝に貢献した。そのころ松坂は故障上がり、翌年の働き場所など、それまでに経験したことない難題に向かっていた。

   これから松坂はキャンプ、オープン戦で投げられることを見せなくてはならない。投げることができたら勝つことを示さなければならない。そして先発の5人目を勝ち取る必要がある。まだ苦難の道は続く。昨年、復帰後に152キロの速球を投げたことがある。これが光明のひとつとなっている。

   かつてMVPとなったWBCの決勝リーグが行われる3月半ばは、松坂の命運が決まる時期でもある。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中