「真犯人は別にいる」 遠隔操作事件で片山容疑者が説明

印刷

   遠隔操作ウイルス事件で逮捕された片山祐輔容疑者(30)が「真犯人は別にいる」などと話したと、弁護人の佐藤博史弁護士らが2013年2月14日夜の会見で明かした。各メディアが報じた。

   それによると、片山容疑者は、「自宅のパソコンなどから遠隔操作ウイルスの証拠が出るはずはない」と改めて容疑を否認した。犯人が記録媒体を埋めたとした雲取山に行ったことは認めたが、事件とは関係ないと主張しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中